≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


そば1

福島県須賀川市の株式会社高橋製麺による『須賀川名産 とろろそば』を入手しました。

そば2

そば粉、小麦粉、山芋、塩以外、何も使われていません。

そば3

パッケージ裏の解説で、須賀川の麺が18世紀以来のものと知り、驚きました。

そば4

また、食べ方の工夫も書いてあって、参考になります。

セット

今日は、シンプルに『もり』で食してみました。

自分で作ったつゆの材料は、自家製アルカリイオン水、枕崎産鰹節、北海道産天然利尻昆布、瀬戸内の天然塩、純米酒、本醸造丸大豆醤油。

薬味は、埼玉産有機栽培ネギ、豊橋産ウズラの卵、インドネシア産ココナッツミルク、おろし本山葵。

付け合わせは、茨城産有機栽培レタス&プチトマト。

アップ皿

茹で時間3分の麺は、滑らかにしてコシがあり、つるみ、喉越し、香り、味と、乾麺にしては実に素晴らしい出来。

なお、自家製酸性水で茹でるといっそうコシが出るのですが、そばの場合は『そば湯』を飲みたいので、敢えて自家製アルカリイオン水で茹でます。

アップ薬味無し

正統派のつゆとガップリ四つに組める頼もしさで、真に美味い。

卵

ウズラの卵とも正面からぶつかり合って、やがて渾然一体の妙なる味に。

椰子

初体験ココナッツミルク添えは、食べる前は如何かなと思ったものの、口に運ぶや、これがなんと大勝利。

日本の麺は南国の椰子の実とも好相性だったことを知って、感動。

『須賀川名産とろろそば』

またとても良い麺に出会えました。

『そば湯』も頗る美味でした。

『麺喰い』冥利に尽きます。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。