≪ 2017 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サイゴンラーメン1

ヴェトナム製の『サイゴンラーメン レモングラス ピリ辛風味』を入手しました。

以前ご紹介しましたが、パッケージがリニューアルされたようなので再び。

パッケージには「レモングラス入り香味油付」「電子レンジでもカンタン調理」と書いてあります。

サイゴンラーメン2

調理方法は三つ。

❶電子レンジ(500ワット:3分30秒)

麺、粉末スープ、香味油、乾燥野菜(かやく)、水(350cc)を器に入れ、隙き間をあけてラップをかけ、3分30秒加熱して出来上がり。

❷煮込む

350ccの水を鍋で沸騰させ、麺と粉末スープを入れて1分間茹で、香味油、乾燥野菜(かやく)を投入して出来上がり。

❸お湯かけ

器に、麺、粉末スープ、香味油、乾燥野菜(かやく)を入れ、熱湯350ccを注ぎ、フタをして3分で出来上がり。

麺は油揚げ麺で、69.5グラムと少なめ。

大体の『タイラーメン』とほぼ同様の内容量です。

調理方法としては、いうまでもなく「鍋で煮込む」が最も美味しいと思います。

日本のインスタントラーメンに比べて麺の量が少ないのは、ラーメンを副菜として、他の色々な料理と共に食べるからでしょう。

イタリアのパスタがイタリア人にとって前菜、というのに似ています。

それに対して、日本人は麺を食事のメインにし、一度にある程度以上の量の麺を食べます。

だから、インスタントラーメンの麺の量も多いのでしょう。

ヴェトナムのラーメンはタイのそれに近いものを持っていますが、微妙に違います。

一言で言えば、『タイラーメン』の方が酸味、辛味、両方共に強い、と思います。

でも、最近、『ヴェトナムラーメン』も好きになりつつあります。

楽しみながら味わいたいです。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。