≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


雛人形

結論から言うと、雛祭りとは次のいくつかの事柄が混合して室町時代に成立した行事だろう、と思われる。

古く中国で三月の上巳(じょうし:最初の『巳<み>』の日)に行われていた厄除(やくよけ)の儀式。

平安の頃に発生した、人形に穢(けが)れを吸い取らせてこれを川などに流す習慣。

貴族の女性の間で流行した人形遊び。

そして、紀州・淡島神社の祝祭、及び、宮中の大宮之咩(おおみやのめ)祭りだ。

淡島神社の神は婦人病を治し子宝を与えてくれるとされ、多くの女性たちから尊ばれていたが、その祭日は三月三日だった。

春の日に海に入って身を清める風習があったのと、縁起の良い奇数が重なる日ということから、この日が選ばれたのだろう。

一方、大宮之咩祭りは十二月の初午(はつうま)の日に催される宮殿内の祭典で、長い竹の柄(え)に結び付けた華蓋(きぬがさ)、男女三対(さんつい)の人形、一人の従者の人形を神の象徴として祀(まつ)る、というものだった。

そして、これらの人形は「ひひな」と呼ばれた。

この発音は「ひーな」であり、これは即ち「ひな」に通じる。

ではその「ひな」という言葉の原義だが、どうやら元々は「一対のもの」「異郷、他国」といった意味だったらしい。

そこから「異郷よりやって来てこの世の穢れを取り去ってくれる、男女一対の人形」という概念が生まれた。

従って、雛祭りとは、初めは、女性が病や災を人形に移してこれを川などに流すことによって厄払いをする、という行事だったと言える。

ところが、時と共にその人形は次第に精巧化するにつれて保存されるようになり、宗教的な呪具(じゅつぐ)から観賞用の玩具へと変貌していった。

現在のような雛段飾りは江戸時代の中期に京都で完成されたが、昔ながらの流し雛も鳥取県以下、各地に伝承されている。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。