≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イラスト

中国から麺が移入された当時、日本人はこれを辛子(からし)と酢で調味しました。

麺が現在のような形で食されるようになったのは、醤油が発明されてから後のことです。

因に、日本人が醤油を作り出したのは室町以降。

醤油は茶道と共に発展しました。

ところで、夏の御馳走といえば冷たい麺料理。

滑らかな喉越しとさっぱりした味わいで人気の『冷やしうどん』『そうめん』『ひやむぎ』は、日本の夏の風物詩です。

そこで、これら麺類の名前の語源について考察しましょう。

讃岐うどん

先ずは、『うどん」です。

古来、中国では小麦粉を水でこねた物を『飩(とん)』と呼びました。

これが日本に入って来て、『餛飩(こんとん)』という名の食べ物になりました。

奈良時代のことです。

「餛」は、色々な物が入った食品といった意味だと思われます。

現に、『餛飩』は小麦粉の皮に肉や糖蜜を包んで茹でた、ワンタンのような物でした。

それが、時代と共に形を変えていきます。

中の餡が消え、小麦粉の皮が円形から棒状の形へと変貌し、遂には細長い縄のような形状を呈するに至ります。

『今昔物語集』などに出てくる『麦縄(むぎなわ)』という食品がそれです。

初めは一本ずつ手で伸ばしていた(手延べに近い)ようですが、やがて庖丁で細く切って熱湯で茹でる技法が完成し、熱い料理なので『温飩(おんとん)』と称するようになりました。

これがだいたい室町時代までのことだといわれています。

うどんという呼び名は温飩がなまったものだと考えられていますが、それが定着したのは江戸後期のことでしょう。

享保の頃ですら『見飩(けんとん)』などと呼んでいたくらいですから。

そうめん

『そうめん』が文献に見え始めるのも、やはり奈良時代です。

『索麺(さくめん)』という、「索(なわ)のような麺」を示す字が当てられました。

『延喜式』には『索餅(さくべい)』とも書かれています。

そうめんという呼称は索麺が変化したもの、『素麺』という表記は「索」を誤って「素」と書いたのか、または「そう」という読みが行われるようになった後に「素」を当てたものであろう、と考えられます。

ひやむぎ

『ひやむぎ』は、『あつむぎ』に対する言葉で、「冷やした切り麦」のことです。

『切り麦』は、永く『温飩』と同義で用いられていた名詞です。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。