≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドラゴン

2015年4月28日(火)の全国紙に出ていたコラムです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レスリングの女王・吉田沙保里(さおり)選手の自室に、一つのメダルがあるという。

7年前、国別対抗戦のW杯で、自身が負けてチームが3位に終わった時の“銅メダル”だ。

▼外国人選手に初めて敗戦を喫し、自らの連勝記録も119でストップ。

ショックで打ちひしがれたが、悔しい気持ちを力に変え、五輪3連覇、世界選手権12連覇へとつなげた。

▼自分を強くしてくれた悔しさを忘れない。

メダルは、そのためのもの。

吉田選手はつづっている。

“どん底に叩き落とされたって、また這い上がればいい。

上を目指せば、何度でも頂点に立つことができる。”と。(『明日へのタックル!』集英社)

▼「顰像(しかみぞう)」といわれる徳川家康の肖像画がある。

三方ケ原の戦い(1572年)で、武田信玄の軍略にはまり、戦いに城を出て大敗を喫したとき、家康が描かせたとされる。

家康は、その苦虫をかみつぶしたような自身の姿を見て、終生、戒めにしたというが、吉田選手の話は、それをほうふつさせる。

クリスタル

▼誰であれ、人生、いつも思い通りということはない。

挫折は必ずある。

新年度がスタートして1カ月。

新たな舞台で奮闘する友らに、「負けじ魂で進め」とエールを送りたい。

勝利は、何があっても諦めなかった人、負けなかった人に必ず訪れる。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

「いかなる失敗もしない人は、通常、何ごともしない人である。

こぼれた牛乳について泣きわめいたところでしょうがあるまい。」(西欧の諺)
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。