≪ 2017 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カップ

『らぅめん孝房 ありがた屋』監修『和風ペペロンチーノ仕立ての塩ラーメン』(東洋水産)をアレンジしてみました。

サイド

やり方はいつものとおり。

500ccの自家製熱湯ミネラルウォーターに、埼玉産有機栽培小松菜(中、5茎)の茎、青森産有機栽培ニンニク(大、1片)、地元産ニンジン&ゴボウ(いずれも千切り、計20グラム)、神奈川産有機飼料で育った鶏の赤タマゴ(1個)を入れて、電子レンジ(500ワット)で7分間加熱。

さらに小松菜の葉を投入して1分間加熱。

そこに麺を入れてフタをし、2分間加熱。

写真

後入れ『特製油』を注げば出来上がりです。

油

『ありがた屋』さんは、愛知県春日井市のお店で、この商品は第6回最強の次世代ラーメン決定戦で優勝した『ありがた屋』さんの作品をもとに作られたそうです。

丼

ちょっと豪華な一品となりました。

れんげ

スープはちょっととろみがかった塩味ですが、まったくクセがありません。

顏

こういうスープはタマゴに合うのです。

麺

麺は太めの平麺で、『本気盛(マジモリ)』ですから食べ応えがあります。

麺サイド

適度に縮れた麺には、例によってスープがよく絡んで結構です。

麺トップ

ただ、今日は電子レンジ調理をしたから良かったですが、この太さだと、ただ熱湯を注いだだけではボソボソ感を否めないのではないでしょうか。

ここがカップ麺の難しいところです。

明日から3月、だんだんと春めくこの頃ですが、たとえ暑かろうが寒かろうが『麺喰い』を続けます。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。