≪ 2017 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 08 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


讃岐うどん

本場『讃岐煮込みうどん』で『パクチーカレーうどん』を作ってみました。

丼

今回のスープベースは「そば湯」。

これに北海道産天然利尻昆布(中、1片)を入れて火にかけ、沸騰したら、香川産ニンニク(大、1片)、埼玉産小松菜(中、4茎)の茎、長野産大なめこ(2分の1袋)、埼玉産ダイコン(スライス、20グラム)、国産ブロッコリー(中、3茎)、千葉産長ネギ(ざく切り、20グラム)を投入、国産カレー粉(大さじ1)、本醸造丸大豆醤油(大さじ2)、国産天然塩(小さじ1)、化学調味料無添加オイスターソース(大さじ1)で調味します。

具材が煮えたら、最後に小松菜の葉を入れて火を止めます。

れんげ

大なめこのとろみが和風カレースープを本格的なものにしてくれました。

顏

たっぷりの自家製酸性水で12分強茹でたうどんをスープと合わせ、千葉産パクチーを載せれば出来上がりです。

麺アップ1

今日のうどんは、香川県の製麺会社『さぬきシセイ』の手になるものです。

『さぬきシセイ』のうどんは、お手頃価格なのに大変にしっかりした作りです。

麺アップ2

特に今回の『讃岐煮込みうどん』は平打ちなのにコシがとても強く、「流石讃岐、天晴れ!」と言いたくなるような美味さです。

自分は、うどんを煮込んで食べるのはあまり好みではないので、『煮込みうどん』と銘打たれているにもかかわらず、普通の調理法で食しましたが、非常に美味でした。

男性的な、太くてガーンとしたうどんがお好きな向きにオススメです。

ところで、『カレーうどん』にパクチーという取り合わせは絶妙です。

だいたい、スパイシーな味とパクチーは仲が良いものなのですが、カレー、それも和風カレーにこれほど合うとは思っていませんでした。

これもまたオススメです。

たとえ、選挙でどこの政党が勝とうが負けようが、誰が出ようが引退しようが、当方はただ「麺喰い」を続けるだけです。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。