≪ 2017 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カペッリーニ

イタリア産『ブイトーニ カペッリーニ』で『オイスター風味ラーメン』を作ってみました。

どんぶり

スープの味付けは、化学調味料無添加ガラスープ顆粒(大さじ1)、化学調味料無添加オイスターソース(大さじ1)、化学調味料無添加XO醤(小さじ1)、国産天然塩(小さじ2)、台湾産紹興酒(小さじ1)。

具材は、有機栽培キャベツ&ピーマン(ザク切り、各々20グラム)、津軽産長ネギ(千切り、10センチ)、香川産ニンニク(大、1片)、豊橋産ウズラの卵(3個)。

これらを、自家製ミネラルウォーター(600cc)で煮込むだけ。

途中、味をみて適宜調味します。

れんげ

醤油を1滴も入れないのに褐色をした、オイスター風味の薄口スープが出来ました。

一方、パスタは、天然塩(大さじ1)を入れて沸騰させた、たっぷりの自家製酸性水で、パッケージの「茹で時間4分」よりも少し短めに茹でます。

顏

パスタとスープを合わせ、千葉産パクチーを載せ、自家製ペペロンチーノオイルを注げば出来上がりです。

麺スープ

カペッリーニといえば『ディ・チェコ』のものを食していましたが、今回初めて『ブイトーニ』を買ってみました。

もちろん、デュラムセモリナ小麦100%です。

麺トップ

『ディ・チェコ』が「茹で時間2分」なのに比べ、こちらは「4分」。

つまり、少々太いのです。

麺サイド

従って、食感はだいぶ違いますが、これはこれで良い感じです。

小麦の風味もするし、適度にツルツル感もあります。

ただ、このようにスープに入れて食べる場合は、茹で時間に相当注意を払う必要がありそうです。

なぜなら、『ディ・チェコ』よりも多少湯伸びしやすい印象を受けたからです。

次回から気を付けましょう。

久しぶりに食べましたが、やはりイタリアの麺もイケます。

「麺喰い」を続けられることに感謝します。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。