≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


讃岐ひやむぎ

定番『讃岐ひやむぎ』で『チキンスープつけめん かき揚げ添え』を作ってみました。

セット

スープは、自家製熱湯ミネラルウォーターに、化学調味料無添加顆粒チキンスープベース、純正ゴマ油、香川産ニンニクを入れて、電子レンジ(500ワット)で5分間加熱しただけ。

麺は、たっぷりの自家製酸性水で茹でること4分間。

冷水で締めて器に盛り、かき揚げ、キュウリのぬか漬け、刻みネギ、茹でモヤシを添えます。

麺もり

『讃岐ひやむぎ』は、とにかくコシとツルミが抜群に良く、麺を食す楽しみを謳歌できる逸品です。

機械打ちでここまでの食感を実現しているのは、毎度のことながら、流石、讃岐だと思います。

ガーリック

その讃岐の産であるニンニクもまた秀逸。

これもまた、いつものことながら、スープの味が染み込み、かつ絶妙の柔らかさとなって、麺を一段と美味しくしてくれます。

今日は、讃岐のふたつの味を一度にいただいたわけです。

かき揚げ

このかき揚げは、地元のスーパーで求めた、普通の品。

冷えてしなっとしたので、アルミホイルに載せて、オーヴントースターで両面を焼きました。

しっかりしたエビが入っていて、これがチキンスープとよく合うのです。

麺アップ

ひやむぎだけでなく、うどん、そうめん、きしめん、ほうとうなどの小麦麺は、和洋中どのようなスープにも適応できると思います。

今回のスープは手抜きでしたが、これからの季節、冷たい麺と色々な味のスープを組み合わせてみると楽しいでしょう。

カレー味、ハヤシ味などの冷やし版や、タイスキ味、沖縄そばのつけめんなど、試してみたいものがたくさんあります。

たとえ、大臣が何を言おうが、都議が下品なヤジを飛ばそうが、「麺食い」を続けます。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。