≪ 2017 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大勝軒

『エースコック 大勝軒つけめん』で『パクチーつけめん』を作ってみました。

セット

たっぷりの自家製酸性水で、麺をレシピどおり5分茹でます。

茨城産パクチー&レタス&刻み長ネギ、紀文の板わさ、そして、香川産ニンニクを茹でて添えました。

麺もり

麺はノンフライ、もちもちの縮れ太麺。

つけめんに最適です。

つゆ

つゆは、これもレシピどおり、添付液体スープを100ccの自家製熱湯ミネラルウォーターで割っただけ。

魚貝によるダシの香りが漂います。

麺アップ

つゆを付けて麺を啜り込むと、なんとも言えないコシと小麦の風味に、ほんのちょっとだけ酸っぱい濃厚つゆと厭味のない油が絡んで、これはイケル。

お店で出されていた実物を厳しく追究してこの製品が産まれたのであろうことが、一口で察せられました。

インスタントラーメンのつけめんとしては随一ではないか、と思います。

その昔、ハウスからだったでしょうか、『湯だめうどん』のようにして食べる『つけめん』が出たことがありました。

油揚げ麺を茹でたら、茹で汁ごと器にあけ、粉末スープを熱湯で溶いたつゆに付けていただくのですが、独特の味わいがあったものの、あれはあくまでインスタントラーメンでした。

しかし、『大勝軒 つけめん』は限りなく本物に近い一品になっています。

立派です。

また、このつゆは、いろいろな調味料、一味唐辛子、レッドペッパーパウダー、自家製辣油、白コショウなどを一口毎に加えても、臨機応変に対応して、見事、変幻自在に味を変えてみせます。

これもまた、しっかりしたお店のスープに近いものがあります。

下手なスープは、後入れ調味料に負けて、その調味料のみの味になってしまうものです。

だが、『大勝軒 つけめん』は違いました。

また食べます。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。