≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中華そば&マレーカレー

山形県の製麺会社みうら食品による『中華そば』とマレーシア産『マレーカレーパウダー』を使って『あさりカレーラーメン』を作ってみました。

どんぶり

自家製ミネラルウォーター600ccを沸騰させ、あさりの剥き身(冷凍)、和歌山産ニンニク、豊橋産ウズラの卵を投入、マレーカレーパウダー、タイ産ココナッツミルクパウダー&ナンプラー、化学調味料無添加カツオダシ&XO醤、瀬戸のほんじお、純米酒で調味。

そこに茨城産黒豆モヤシ&小松菜を加え、15秒ほど煮て、火を止めます。

れんげ

パンチの効いたカレースープとなりました。

顏

自家製酸性水で4分弱茹でた麺とスープを合わせ、茨城産パクチーをたっぷりあしらえば、出来上がりです。

あさりから出た旨味が、スープを奥深い味にしてくれました。

ニンニクアップ

和歌山産のニンニクは、ものすごく新鮮で瑞々しく、煮ると透き通るような美しさを見せ、味と香りも非常に上品です。

麺アップ

この麺は、滑らかでクセがなく、香りも豊かです。

パッケージには「茹で時間5〜6分」と書いてあるのですが、自分にとっては「4分」でも「ほんの少し柔らかめ」の麺になってしまうので、次回は思い切って「3分」でやってみようかと思っています。

ところで、製造元の『みうら食品』は、山形県東根市にある会社です。

昭和25年創業で、初めは主として『そば』を生産していて、昭和33年に『蔵王そば』を登録商標化しました。

以後、うどん、そうめん、ひやむぎ、中華麺と製品の幅を広げて、東日本を中心に麺を製造販売しています。

スープ付きの棒ラーメンも数種類出しています。

それらも、地元スーパーにたまにあるので、そのときは買います。

たとえ3人の横綱が全員外国人でも、「麺食い」は続けます。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。