≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


正麺カレーうどん

『マルちゃん正麺カレーうどん』で『たまたぬきカレー南蛮うどん』を作ってみました。

どんぶり

熱湯ミネラルウォーター500ccに、添付粉末スープ、埼玉産深谷ネギ、国産生わかめ、青森産ニンニク、地元産ミニトマトを入れ、電子レンジ(500ワット)で5分間加熱。

れんげ

『正麺カレーうどん』のスープは、ほどよくとろみが付いて、多少甘口ですが色も香りも食欲を増進させます。

顏

4分間茹でた麺をスープと合わせ、沖縄産パクチー、東京産揚げ玉、豊橋産ウズラの卵をあしらえば、出来上がりです。

れんげ深谷

『カレー南蛮』の「南蛮」とはネギのこと。

その昔、渡来した南蛮人がネギを食べているのを見た日本人が命名したのです。

ですから、ネギが入らない『カレーうどん』は『カレー南蛮』とは言わないのです。

『鴨南蛮』『鶏南蛮』も同様です。

れんげウズ

カレー味にウズラの卵というのも乙な取り合わせです。

カレーライスにも『エッグカレー』というものがありますので。

麺アップ

『正麺』のうどんは、取り立てて「生麺みたい」と強調されるほどではないと思いますが、油で揚げたうどんを使っている、同じ東洋水産のロングセラー『マルちゃんカレーうどん』や『赤いきつね』『緑のたぬき』などのシリーズ、日清食品の『どん兵衛(カップ)』などに比べれば、上々の出来でしょう。

しかし、日本人はカレーが好きです。

全国どこに行っても、どんなに小さい食堂にも、カレーとラーメンは置いてある、と言われます。

自分も、タイカレーも好きですが、ノーマルなカレーも好きです。

また、和風カレーは醤油のつゆがベースになっていて、ネギとの相性が抜群で美味です。

考案者の発想に敬服します。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。