≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マルツネ中華そば

播州『マルツネ中華そば』で『“くじらクジラのチカラ”ラーメン』を作ってみました。

クジラのチカラ

くじらクジラのチカラ”というのは、クジラソーセージの商標名です。

クジラソーセージ

言うまでもなくクジラの肉で作られている、大変珍しいソーセージです。

これを加えてスープを拵えました。

どんぶり

化学調味料無添加カツオダシ&ガラスープペースト、有機醤油、五島灘の天然塩がスープベース。

そこに“クジラのチカラ”1本、埼玉産小松菜&長ネギ(刻み)、青森産ニンニク、豊橋産ウズラの卵を投入して煮ました。

れんげ

クジラソーセージから旨味が出て、濃厚な醤油味スープが出来ました。

顏

5分間茹でて冷水で洗って締め、再び熱湯をくぐらせた麺とスープを合わせたら、沖縄産パクチーをあしらって出来上がりです。

れんげソーセージ

初めて食べるクジラソーセージは独特の風味かと思ったら、魚肉ソーセージをガッツリとハッキリした味にしたような、食べやすい味でした。

これなら、火を通さなくても何の問題もなく充分いただけるでしょう。

麺アップ

中太の播州『マルツネ中華そば』もまた、超硬めに茹でて冷水で洗って締め、再度熱湯に、という行程を踏めば、ヌメリ無し&絶妙なコシが実現します。

そうすると、乾麺とは思えない、美味なるストレート麺を味わうことができます。

居酒屋の大将がシメのラーメン用に買い求めるのも頷けます。

楽しんで食していきたいと思います。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。