≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


めん吉

『明星めん吉』というインスタントラーメンがありました。

ノンフライ麺で、たしかスープは液体スープだった記憶があります。

スープの味はどちらかというと和風に近く、あっさりとしていたと思います。

よく食べました。

1976(昭和51)年1月発売。

めん吉cm

途中から、ちょっと高級になって、パッケージも味も進化したようです。

めん吉緑

あの時代に「小麦胚芽入り」とは画期的です。

めん吉緑2

同じく「手もみ風のノンフライ麺」というのも本格的です。

油揚げ麺が圧倒的に多かったインスタントラーメン業界で、ノンフライ麺を出すのは勇気が必要だったでしょうが、うちではよく買っていました。

別に本物志向だったわけでもなんでもなく、あの醤油味が他のラーメンにはない「生醤油味」のように感じられたのだと思います。

日本人は醤油のアミノ酸が大好きですから。

『めん吉』は現在では製造終了ですが、以前にもお話ししたように、このノンフライ麺路線は『明星中華三昧』に引き継がれているのだと考えます。

しかし、『中華三昧』は高級すぎて『めん吉』の面影を残しているとは言い難いようです。

あの素朴な醤油味と弾力豊かな細めの麺が懐かしいです。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。