≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


献上うどん

久しぶりで『ラーメン』から離れて、純粋に「和」のうどんを食したくなりました。

そこで、『飯能竹むら献上うどん』で『大根なめこうどん』を作ってみました。

どんぶり

450ccのミネラルウォーターに、北海道産天然日高昆布を入れ、15分間放置した後、火を付けます。

沸騰直前に昆布を引き上げ、有機醤油、五島灘の天然塩、純米酒で味を調えて、長野産なめこ、友人の手になる有機栽培青首大根のスライス、国産ぐち入りちくわを投入します。

さらに国産ムロアジ&サバ節を入れ、大根が透き通ったら、最後に埼玉産小松菜を加えて火を止めます。

れんげ

つゆは天然昆布の旨味がたっぷり入った「うすくち本格派」となりました。

やはり、天然ものは圧倒的に旨いのです。

有機大根も昆布と相まって良い味を出してくれました。

大根は昆布と共に使うと素晴らしい風味を醸すのです。

また、ぐち入りちくわも、つゆに隠し味的な深みを与えてくれました。

顏

茹で時間5分を守って湯で上げたうどんをつゆと合わせ、刻んだ博多産万能ネギ、豊橋産ウズラの卵を載せれば出来上がりです。

今日はムロアジ&サバ節を引き上げず、そのまま具材としていただきました。

なめこのとろみがうどんに絡まり、全体を冷めにくくする、冬のごちそううどんとなりました。

冷たくさっぱりとした『なめこおろし』なども良いですが、なめこはやはりつゆに入れて食す方が好きです。

麺アップ

『竹むら献上うどん』は、茹で時間5分が自分には適しているようです。

ツルツル感と弾力の両方を楽しむことができます。

茹で時間がこれ以上でも以下でも、こうはいかないでしょう。

麺というものは、本当にひとつひとつに個性があって、それらの性格に合わせて上手く茹でるのは難しいのです。

今回は上手く行って嬉しいです。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。