≪ 2017 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


とろろそば

今日は、暫しラーメンから離れて、二つのそばを食べ比べてみました。

一つめは『とろろそば』です。

このそばに使われているそば粉は国産です。

セット

きちんと蒸籠風の容器に盛ってみました。

薬味

薬味は、埼玉産長ネギ、国産揚げ玉、豊橋産ウズラの卵、国産白煎りゴマ、伊豆産練り本ワサビです。

つゆ

つゆは自家製ですが、手抜きをして化学調味料無添加カツオダシをベースとし、純米酒、五島灘の天然塩、本醸造丸大豆醤油で作りました。

とろろそばもり

そばの茹で時間は4分強。

充分に冷水でもみ洗いをしました。

とろろそばアップ

最初は、薬味無しでいただきます。

薬味入りつゆ

次は薬味をどっとつゆに投入。

とろろそばわさび

ワサビはそばに載せて食します。

そばつゆにワサビが溶け込むと、つゆの味が極端に変化し、ひとつの傾向に固定化されてしまうので、それを防ぐためです。

『とろろそば』は、どちらかというと柔らかめで、しなやかにして滑らか、香りも上品で、都会のそばという印象です。

さらしなそば

もうひとつは『さらしなそば』です。

こちらのそば粉は外国産です。

さらしなそばもり

茹で時間は5分強。

『とろろそば』より黒っぽい色をしています。

こちらの方がそば粉の含有率が高いのかもしれません。

茹でているときの香りも、ずっと強く感じました。

さらしなそばアップ

いただいてみると、こちらは硬め。

ツルミはあまりありませんが、やはり、そばの香りが豊かです。

一本スジが通っているという食感で、地方のご当地そばという感じです。

乾麺でも、そばによってずいぶんと違うものなのです。

こうやって食べ比べてみると、それがはっきりわかって実に面白いです。

湯桶

最後は、そば湯で締めです。

そば湯には栄養が詰まっています。

残ったそば湯は取っておいてスープに使います。

そば湯注ぐ

特に『さらしなそば』から出たのでしょう、これこそ「そばの香」ともいうべき風味に満ちたそば湯で、つゆを割っていただきます。

そばを食べ終わってそば湯をいただくとき、おおげさですが日本人であることを心から嬉しく思います。

そばもまた文化なのです。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。