≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


山形中華そば

最早うちの定番となった『山形中華そば』で『キャベツラーメン』を作ってみました。

極めて普通の醤油ラーメンが食べたくなったので、その麺としては『山形』が最適だろうと思い、カップリングさせたのです。

どんぶり

スープは、熱湯ミネラルウォーター450cc、化学調味料無添加カツオダシ&オイスターソース、本醸造丸大豆醤油、五島灘の天然塩。

具材は、埼玉産キャベツ、地元産レッドピーマン、神奈川産小松菜、醤油煮した国産牛肉、青森産ニンニク。

トッピングは、刻んだ博多産万能ネギ。

れんげ

野菜と肉から出た旨味で、思ったものに近い醤油味スープが出来ました。

今日はその気にならなかったので、おろしショウガは敢えて入れませんでした。

また、例によって、ニンニクをホクホクになるまで煮ることでそのエキスがスープに溶けて、これも良い味を作りました。

顏

パッケージに書いてある「標準ゆで時間6分」だと自分にとっては柔らかいので、試食したらちょうど良かった「4分」でスパッと火を止めました。

ほんの少し芯が残っているか、という感じで、歯応え充分というのが好きなのですが、今回はそれを概ね実現できました。

麺アップ

しかし、毎回実感することですが、麺の茹で方は実に難しいものです。

乾麺でもそうなのですから、生麺はなおのことです。

でも、美味い麺を食したいので、一生懸命研究します。

今日の具材のキャベツは、タンメンには欠かせない野菜ですが、醤油ラーメンにもよく合います。

ご承知のように、『醤油タンメン』というものを出しているラーメン店もあります。

実は『キャベツラーメン(醤油味)』は以前から度々作るメニューなのですが、これを思い付いたのは、過去の体験がもとです。

そば、うどん、ラーメン、餃子も出す、ある料理店で『たぬきうどん』を注文した常連客が「キャベツ入れて。」と言ったのです。

「え?『たぬきうどん』にキャベツ?」と不審に思いましたが、店主は何の迷いもなく淡々と『キャベツ入りたぬきうどん』を作って出していました。

そのキャベツはつゆで煮たもので、美味しそうでした。

あれ以来、醤油味のスープでキャベツを煮て、これを麺と一緒に食す、というのをやるようになったのです。

今度は、あのときの『キャベツ入りたぬきうどん』を作ってみましょう。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。