≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


揖保之糸中華ロング

『揖保之糸手延中華麺』で『16品目塩ラーメン』を作ってみました。

揖保アップ

あの手延べそうめんの『揖保之糸』に『中華麺』があることは以前から承知していましたが、食べるのは初めてです。

期待大で臨みました。

どんぶり

16品目の内訳は、煮込んだのが、カボチャ、インゲン、ニンジン、ハクサイ(埼玉)、ブロッコリ(有機栽培安曇野)、キャベツ(地元)、大豆(地元)、ニンニク(青森)、モヤシ(千葉)、青ダイコン(有機栽培安曇野)、イエローピーマン(地元)、ぐちちくわ(新潟)、レンコン、トッピングとして、万能ネギ(博多)、カーネルコーン(アメリカ)、パクチー(茨城)。

れんげ

具材は熱湯ミネラルウォーター500ccに投入し、化学調味料無添加カツオダシで煮て、五島灘の天然塩と化学調味料無添加オイスターソース&XO醤で調味。

硬めに茹でた麺をスープと合わせた後、自家製ゴマラー油を注しました。

結果は、真にしっかりした塩味スープとなりました。

顏

これだけ野菜を入れると、圧倒的な旨味がそれぞれからふんだんに出て、とても豊かで贅沢なスープが楽しめました。

麺アップ

『揖保之糸手延中華麺』は初めての食でしたが、期待を遥かに超えた、素晴らしいの一語に尽きました。

とてつもなくしっかりしたコシ、見事に立ち上る小麦の風味、絶妙の歯応えと喉越し。

硬めなのに弾力に富み、けっして湯伸びしない強さと滑らかなツルツル感が敢然と併存しています。

なんという麺でしょう。

これぞ手延べの極致。

おおげさでもなんでもなく、中華麺を食べる幸福をこの上なく感じる一瞬一瞬を、己が五官総てで実感することができました。

『揖保之糸』、ありがとう!
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。