≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


驚きのコシ

『エースコック驚きのコシしょうゆラーメン』で『青ダイコン&鶏ラーメン』を作ってみました。

どんぶり

通常どおり、化学調味料無添加カツオダシを熱湯ミネラルウォーター500ccの加えて沸騰させます。

そこに、添付粉末スープ、安曇野産有機栽培青ダイコン、埼玉産ハクサイ&小松菜、三陸産天然ワカメ、青森産ニンニクを入れて煮ます。

最後に、地元産鶏の唐揚げを投入し、熱が通ったら火を消します。

別鍋のたっぷりミネラルウォーターで3分間茹でた麺とスープを合わせれば、出来上がりです。

れんげ

スープは、エースコックのサイトによれば「チキンベースに、野菜の甘みやガーリック、ジンジャーを効かせた」ということです。

そんなに個性的ではありませんが、安心して食せる味です。

しかし、昔のインスタントラーメンに比べたら、まるでお店のスープのようです。

また、煮込んで透き通った青ダイコンから出た旨味のおかげで、深みのあるスープになりました。

その青ダイコンとも相性の良いスープだと思います。

顏

三陸の天然ワカメは全く煮崩れることなく、貫禄の存在感を示します。

地元の鶏はあっさりとして少しもクドくない、純和風の風味です。

大ニンニク

青森のニンニクは、いつものように里芋のような食感で、匂いは些かも感じさせません。

でも、しっかり1日の活力源となっています。

麺アップ

前回、麺を少々茹で過ぎた感があったので、今回は思い切って茹で時間を3分間にしてみました。

パッケージのレシピには「4分間煮てください。」とありますので、マイナス1分というのは大きいのですが、結果は成功でした。

「驚き」はしませんでしたが、前回よりも非常にしっかりとした「コシ」を確認することができました。

さらに、今回はいつもとは違った方法で「油揚げ麺の臭み」を取ったので、よりいっそう美味しくいただけました。

例によって、麺の茹で上げ直前にあるものを鍋に入れたのですが、それはなんだかおわかりですか。

白ワインです。

今まで、純米酒、米酢のどちらかを入れてきましたが、白ワインを入れたのは初めてです。

初体験でしたが、どうやらこれが一番良いように思います。

他の二つよりも油臭さがスッキリ取れるのです。

これが油揚げ麺だということを忘れるほどです。

もちろん、最安のワインで良いのです。

お試しください。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。