≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ピンクマ

ご存じ、札幌・円山動物園と旭川・藤原製麺のタイアップ商品『ピンクマしょうゆラーメン』で、『シンプルコーンラーメン』を作ってみました。

今日は時間がなかったので、手抜きをしました。

500ccの熱湯ミネラルウォーターに添付液体スープ、青森産ニンニク、化学調味料無添加オイスターソースを入れて、なんと10分間、電子レンジ(500ワット)で加熱しました。

10分も加熱したのはニンニクを柔らかくするためです。

結果、思いどおり、ニンニクはまるで里芋のような食感になりました。

どんぶり

そして、たっぷりのミネラルウォーターで4分間茹でた麺と合わせ、、地元産キャベツとレッド&イエローピーマンの千切り、刻んだ博多産万能ネギ、アメリカ産カーネルコーンを載せました。

れんげ

スープは典型的な醤油味で、油も適量なのでクドくありません。

動物系の感じがするスープですが、クセはまるでなく、食べやすい味です。

顏

万能ネギを思いっきり載せたのでコーンが隠れてしまいましたが、今回はコーンもたくさん盛りました。

れんげコーン

そのコーンをすくい上げてみると、ネギの緑、スープの褐色とよく調和して、目でも食を楽しませてくれます。

麺アップ

2日間かけてじっくり乾燥させた、藤原製麺自慢の熟成麺は、例によってツルツル感は少ないですが、小麦の風味豊かで生麺のような味わいです。

いつも思うのですが、この麺なら「インスタントラーメン生麺みたいバトル」のライバル同士である『正麺』『ラ王 まるで、生めん。』『究麺』『頂』などと肩を並べられるのではないでしょうか。

大手ではありませんが、北海道旭川で昭和23年から麺を作り続けている藤原製麺。

立派だと思います。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。