≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


熊モン

熊モンでお馴染みの『熊本とんこつラーメン』で『のりとんこつラーメン』を作ってみました。

今回は製品そのままを味わいたかったので、シンプルな作り方、シンプルなトッピングにしました。

どんぶり

パッケージのレシピには「500ccの水を沸かして麺を茹で、そこに添付粉末スープを投入せよ。」と書いてありますが、いつものとおり麺は別茹でしますので、その分を差し引いて、熱湯ミネラルウォーター400ccを器に入れてよくかき混ぜ、青森産ニンニク1片を加えて電子レンジ(500ワット)へ。

そして、4分間加熱します。

麺はたっぷりの熱湯ミネラルウォーターで2分強茹で、油揚げ麺の臭みを消すために、米酢を注いで火を止めます。

スープと麺を合わせ、刻んだ福岡産万能ネギ、アメリカ産カーネルコーン、茨城産パクチー、大田区産焼き海苔をあしらえば出来上がりです。

れんげ

一切手を加えなかったスープは、ちょっと甘口に思えました。

まろやかでクセのないとんこつスープで、独特の臭いは全くありません。

最近出るインスタントラーメンの『とんこつ』は、どれもこのように優しい味です。

『とんこつ』というより『チャンポン』に近いのではないか、というものもあります。

これですと、本場九州の方々には物足りないのではないでしょうか。

顏

4分間の電子レンジ調理でしたので、ニンニクはさほど柔らかくなりませんでした。

でも、それも野趣があって一興。

ガリガリといただきましたが、これが『とんこつ』と抜群に合うのです。

麺アップ

麺は『長浜ラーメン』のような細さではなく、ごく普通の太さだと思います。

ほどよく縮れているところも『長浜』とは違います。

『熊本ラーメン』の麺は、縮れているのが一般的なのでしょうか。

それにしても、ここのところ、熊モンが大変な人気です。

熊モンブランドの食品が、スーパーやコンビニに数々並ぶようになりました。

熊モンの新たなラーメンが発売されることを期待します。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。