≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ワンタンメン

『エースコックワンタンメンもちもち太めん』で『オニオン味ワンタンメン』を作ってみました。

今回のスープは、添付粉末スープを使わないオリジナルです。

500ccの熱湯ミネラルウォーターに入れて煮るのは、化学調味料無添加カツオダシ&XO醤(各小さじ1)、能登の天然塩(小さじ1)、自家製博多産辛子明太子と地元産有機栽培タマネギの炒め物(20グラム)、国産赤魚の照り焼き(二分の一切れ)、長野産キャベツ(小1枚)、牛肉の塩炒め(10グラム)、青森産ニンニク(一片)。

どんぶり

パッケージのレシピより1分早く茹で上げた麺とスープを合わせたら、茨城産パクチー、アメリカ産カーネルコーン、刻んだ福岡産万能ネギを載せて、出来上がりです。

れんげ

『もちもち太めん』に付いている新開発のワンタンは、いつもと変わらず厚みがあって煮崩れしません。

もっとも、麺を茹でるときに掻き回してはいけませんが。

今日は、辛子明太子とタマネギの炒め物から大変に濃厚な味が出て、それがスープのベースになりました。

醤油は一滴も加えていませんが、そのスープベースのおかげで褐色です。

この炒め物は、調味料に純正ゴマ油のみしか使っておらず、明太子とタマネギの旨味だけで勝負する、シンプルですがストレートな料理です。

それが基盤となっているので、今回のスープは上手く出来ました。

顏

パクチー、コーン、万能ネギと、いつもは別々に使う具材を一度にトッピングしてみました。

今日の一品には、魚と肉も登場していますので、ほんのちょっと豪華な姿となりました。

麺アップ

前回は麺を少々茹ですぎましたので、その反省から今回は茹で時間を思い切って短くしてみたところ、大成功でした。

韓国ラーメンに似た、太麺独特のコシを充分に感じることができ、大変美味しくいただけました。

ところで、この『ワンタンメンもちもち太めん』は『ワンタンメン』発売50周年記念の製品ということですが、期間限定販売なのでしょうか。

ずっと長く出し続けていただきたいものです。

こういうインスタントラーメンは他にないので、強く希望します。

まだ食していないのですが、同じエースコックの新製品『驚きのコシ』は、これと似た食感なのでしょうか。

近いうちに食べてみます。

スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。