≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


山形中華そば

『山形中華そば』で『コーン塩ラーメン』を作ってみました。

どんぶり

ミネラルウォーター500ccを沸騰させ、化学調味料無添加カツオダシ1袋を投入。

アメリカ産カーネルコーン大さじ1、コーン缶の茹で汁大さじ3、鯛入り竹輪1切れ、ポーク&チキンウインナーソーセージ1本、青森産ニンニク1片、安曇野産有機栽培プチトマト1個を入れて煮込みます。

調味は、化学調味料無添加オイスターソース&XO醤、各々小さじ1、能登の天然塩小さじ3、ドイツ産岩塩少々、そして、タイ産ココナッツミルクパウダー小さじ2。

味が調ったら茨城産小松菜5茎を加え、火が通ったらスープは完成。

山形中華そばは熱湯ミネラルウォーターで5分間茹でた後、冷水で締め、再び熱湯をくぐらせます。

この麺とスープを合わせ,茨城・大洋まほろ馬農場産パクチー(大)1茎をちぎって載せれば出来上がりです。

れんげ

ココナッツミルクパウダーを入れたことによって、少し濁ったコーンポタージュ風の味になりました。

顏

コーン缶の茹で汁というものは実に重宝で、ポップコーン風というか、コーンスープのベースとなる良い味を提供してくれます。

これとココナッツミルク、パクチーが絶妙のコンビネーションを作ります。

ちょっと意外かもしれませんが、このスープはオススメです。

コーン

麺の下に隠れていたコーンを掘り出して、いただきます。

麺アップ

『山形中華そば』のパッケージのレシピには、「茹で時間6分」とあるので5分茹でて冷水で締め、熱湯をくぐらせたのですが、自分にとっては些か柔らかめの印象でした。

次回からは茹で時間を4分にしてみたいと思います。

麺というものは調理が難しいものです。

茹でる時間が10秒から15秒前後しても食感がまるで違ってきます。

よくラーメン店で「麺の硬さを指定できます。」と掲示しているお店がありますが、15秒単位で茹で時間を調節することで「硬め」「普通」「柔らかめ」を作っている、と聞いたことがあります。

もちろん麺の性質によって異なるのでしょうが、麺は茹で時間が命であり、それは秒単位なのです。

めっきり寒くなり、「鍋の〆(締め)に麺」の季節がやってきました。

お酒を飲んだりして注意力が低下している場合は、〆として鍋に入れる麺としては太いうどんや韓国ラーメンなど、茹で時間の長短によって繊細に影響を受けない、頑丈な麺を選ばれることを推奨します。

「麺食い」は、いつでもどんな状況にあっても「美味い麺」を食べたいものなのです。

厄介ですね。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。