≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


そうらーめん

『永谷園そうらーめん』で『タイスキラーメン』を作ってみました。

どんぶり

スープは、化学調味料無添加カツオダシ&チキンスープペースト、能登の天然塩、タイ産タイスキのタレ。

具材は、安曇野産有機栽培セロリ&プチトマト、茨城産小松菜、地元産トマト、埼玉産白菜、青森産ニンニク、長野産キビナゴ。

『そうらーめん』に添付されている香味油は使いませんでした。

れんげ

タイスキ味のスープは久しぶりです。

全く辛くなく、タイを想い出させてくれるエスニックな味わいです。

顏

今回は、寒さが募るこの頃なので、ニンニクを多めに入れてみました。

ニンニク

ニンニクというものは、煮込むほどにホクホクのイモのようになり、臭いが全然しなくなってとても食べやすいのです。

パクチー

うっかり忘れていた、茨城・大洋まほろ馬農場産パクチーを後から載せました。

麺アップ

『永谷園そうらーめん』は初めて食しましたが、謳い文句のとおり「のどごしはそうめん、味わいはらーめん」です。

手延べそうめんのようなキリッとスジが通ったコシと、中華麺のような独特の風味を併せ持った麺です。

製造元は冷たい『もり』にして食すことを前提にしているようですが、今日のように温かくしても一向に問題はありません。

寧ろ、湯伸びしにくいのでラーメンとして食べる方が適しているのではないか、と思います。

これから冬になりますので、暫く店頭から消えてしまうのでしょうか。

代わって、現在は売られていないようですが、『マルちゃん鍋の〆(しめ)に食べるラーメン』などの出番ですか。

季節に従うと美味しい食べ物に出会えます。

冬にもまた食を楽しみたいものです。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。