≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大勝軒中華そば

『大勝軒』の味を袋麺で再現したという、エースコックの自信作『大勝軒中華そば』と『大勝軒つけめん』に注目しています。

『中華そば』は今年の9月9日、『つけめん』はそれより前、5月13日の発売です。

『中華そば』は全国販売ですが、なぜか『つけめん』は東北・関東・信越・東海・北陸の限定販売です。

『中華そば』について、エースコックのサイトは次のように述べています。

しっかりとしたコシのある、なめらかなノンフライめんです。

ポークとチキンをベースに鰹の旨みを加えた、甘みと酸味のバランスがとれた池袋大勝軒らしいコク深い醤油スープです。


地元にも本店から暖簾分けした『大勝軒』があり、一時期よく行きましたが、あそこは徹底した煮干しスープで、量が常識はずれの多さでした。

メニューは、確か『ラーメン』『メンマラーメン』『チャーシューメン』だけ。

それぞれに『小盛り』『普通盛り』『大盛り』があり、『小盛り』が一般的なラーメン店の『普通盛り』、『普通盛り』がその『大盛り』、『大盛り』がその『超大盛り』に当たるであろう量でした。

もう一軒別に『大勝軒』がありましたが、こちらは既に閉店したようです。

大勝軒つけめん

一方、エースコックによる『つけめん』の宣伝文句は、こうです。

しっかりとしたコシのある、なめらかなノンフライめんです。

濃厚なポークの旨みをベースに魚介の風味を加えた、大勝軒らしい程良い甘味と酸味のつけだれです。


本来、自分は『つけめん』をそんなに食べませんし、ラーメン店で食べたことも数えるほどしかありません。

しかし、『大勝軒』の名前が冠してあるとなると試してみたくなります。

ところで、『つけめん』はスーパーに置いてありましたが、『中華そば』は今のところコンビニでしか見ていません。

『中華そば』はディスカウントしない商品なのでしょうか。

いずれにせよ、高いものではありませんので食してみます。

安い値段で美味しくいただけるインスタントラーメンとは、本当に有り難い食べ物だと思います。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。