≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チャンポンめん

これまたずっと買おうと思っていた『イトメンのチャンポンめん』を手に入れることができました。

確か、名古屋より東では売られていない商品です。

でも、ネットならオーケー。

本当に有り難い世の中になったものです。

『チャンポンめん』は、昭和38年の発売といいますから、今年でちょうど生誕50年。

これは『エースコックのワンタンメン』と同じキャリアです。

『サッポロ一番しょうゆ味』と『明星チャルメラ』が同じく47年、『サッポロ一番みそラーメン』と『日清出前一丁』が45年、『サッポロ一番塩ラーメン』が42年ですから、『チャンポンめん』がどれほどの超ロングセラーかがわかります。

製造販売元のイトメン株式会社は、昭和20年創業。

所在地は、兵庫県たつの市揖西町。

赤穂の塩と揖保川の水を使った『播州そうめん』で知られる麺の里です。

イトメンは、もとは伊藤製粉製麺株式会社という名前でした。

トンボラーメン

昭和33年、なんとあの『日清チキンラーメン』の誕生と時を同じくして即席中華麺『トンボラーメン』を発売。

翌昭和34年には、かやく付中華麺(2食入)を、昭和35年には即席焼そばを次々と発売。

『日清焼そば』が登場したのが昭和38年ですから、イトメンはずいぶん先を行っていたのです。

チャンポンめん初代

昭和36年に、冷しラーメン、ソフトラーメン(1食入)を出し、そして遂に昭和38年、『油揚げめんチャンポンめん』を世に問います。

昭和43年、社名を『イトメン株式会社』に改称。

カップジョリック

昭和47年には、今や伝説のカップラーメン『カップジョリック』を発売。

これは全国で販売され、一部に熱く支持されました。

もちろん自分も食べた覚えが豊富にあります。

テレビCMの歌も記憶しています。

チャンポンめん斜め

昭和55年からは『チャンポンめん』の麺を「無塩製麺」とし、現在に至っています。

『チャンポンめん』には、他に『海鮮とんこつ』と『コク旨醤油味』があり、イトメンは袋麺のラーメン、そば、カップラーメン、カップワンタン、そば、うどん、ひやむぎ、そうめんなどの乾麺も販売しています。

この『チャンポンめん』も瀬戸内の旅で知ったご当地インスタントラーメンだったのですが、よく考えると『チャンポン』というのは「具だくさん」ということ。

初めは何種類もの具材が付いているのかと思いましたが、そんなはずもなく、これは『チャンポン』なのではなく『チャンポン味』のラーメンなのだと納得しました。

さて、では「播州の味」をいただきましょうか。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。