≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


正麺うどん

『マルちゃん正麺うどん』で『のりたまうどん』を作ってみました。

例によってミネラルウォーターで極薄味スープを拵え、添付液体スープを加えました。

ダシは北海道産日高昆布のみ。

能登の天然塩、化学調味料無添加オイスターソースで調味しました。

具材は、茨城産小松菜、埼玉産キャベツ、国産ニワトリささ身、地元産ゴボウ、葉山産天然ワカメ、茨城産レッドピーマン、青森産ニンニク、ダシを取った昆布。

熱湯ミネラルウォーターでレシピどおり5分間茹でた麺と合わせ,大田区産焼き海苔、豊橋産ウズラの卵、刻んだ長野産小ネギを載せれば出来上がりです。

どんぶり2

海苔とワカメが磯の香りを豊かに漂わせ、食欲を誘う一品が出来ました。

れんげ

『正麺うどん』のつゆはどちらかというと甘めですが、自作スープと合わせたので少々ラーメン風になりました。

半熟状態になったウズラの卵とも良い相性です。

顔

うどんは平麺でいくらか縮れています。

うどんアップ

食べてみると、油揚げ麺である、同じマルちゃんの『カレーうどん』や他のカップうどんとはもちろん明らかに違いますが、もう少しツルミがあったらなお良かったのに、と思いました。

中華麺の『正麺』に比べると、些かインパクトに欠けるかな、というのが正直な感想です。

でも、このうどんはカレーにはピッタリだろうという感じがします。

太いうどんのカレー南蛮というのも食べ応えが合って美味いのですが、こういう、平たくてしなやかなうどんはカレースープをふんだんに絡め取って、至極秀逸であろうと予測されます。

今思ったのですが、この『正麺うどん』は『稲庭うどん』に近いかもしれません。

『水沢うどん』や『讃岐うどん』のような精悍さはありませんが、柳の枝葉のように優しいところが『稲庭』的と言えるでしょうか。

次は『正麺カレーうどん』を食してみます。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。