≪ 2017 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


青葉

藤原製麺による『旭川らぅめん青葉』で『五目明太子ラーメン』を作ってみました。

どんぶり

具材は、埼玉産小松菜、神奈川産レタス、静岡産モヤシ、キクラゲ、ジャガイモ、ニンジン、鯵、チキン&ポークウインナー、青森産ニンニク、そして、博多産辛子明太子。

これらを、化学調味料無添加カツオダシを加えた450ccの熱湯ミネラルウォーターで煮ます。

味付けは、能登の天然塩と化学調味料無添加XO醤のみ。

例によって極薄味のスープが出来たら、『青葉』に付いている液体スープを入れて仕上げ。

別茹でした麺と器で合わせ、京都産九条ネギを刻んで散らせば出来上がりです。

れんげ

濃厚でコクと深みのある醤油味スープ。

『青葉』のスープは豚骨鶏ガラがベースのようですが、明太子や野菜などの旨味がたっぷり出て、良い意味で複雑な味となりました。

顔

明太子は味を出す一方、自分もスープを吸い込んで豊かに美味い具材になってくれます。

これに対して、キクラゲはスープに対抗し、歯応えと独特の風味でアクセントとしての存在感を主張します。

ウインナーはちょっと贅沢な気分を、小松菜とレタスはヘルシー感を、それぞれ与えてくれます。

そして、ホクホクとしたニンニクは、何より活力をもたらしてくれます。

麺アップ

藤原製麺得意のノンフライ麺ですが、この麺は他の麺に比べ、コシというよりもスジが通っている感じです。

全くのストレート麺ではありませんが、食感は博多長浜ラーメンに近いという印象です。

小麦の香りも独自のもので、これが『青葉』というお店の特徴なのかもしれません。

ここのところ、ずいぶん長くラーメン店に行っていないので、久しぶりに行きたくなってきました。

地元を調べてみますか。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。