≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鳥南ばん味そば

ご存じ創健社の『お湯かけ麺』のひとつ『鳥南ばん味そば』を使って『スタミナ五目そば』を作ってみました。

説明

パッケージの説明書きにあるとおり、さすが創健社こだわりの一品、今日はヘルシーにいきたかったので、化学調味料無添加なのが最も嬉しいです。

どんぶり

添付粉末スープを沸騰したミネラルウォーター400ccに入れ、国産サバの塩焼き、国産煮豆(大豆、ニンジン)、ミニオムレツ、岩手産ニンニク、福岡産辛子明太子、地元産キュウリ、京都産水ナスのぬか漬けを投入。

本醸造丸大豆醤油、瀬戸内産天然塩で調味し、国産カツオ厚削り節を加えて煮ます。

味が出たら厚削り節を取り除き、純正ゴマ油を一振りして火を止めます。

ミネラルウォーターで3分弱茹でた麺をザルに取り、冷水で締めて、器でスープと合わせ、最後に京都産九条ネギを刻んで散らせば出来上がりです。

顔

添加物無しにして自然豊かな素材から作られたつゆは、満足できる風味。

様々な具材から出た味が渾然一体となって、コクと深みを実現しました。

ニンニク

そばのつゆにニンニクとは、と思われるかもしれませんが、生のニンニクは全くと言っていいほどクセがないので、今回のような『五目』には寧ろ隠し味となります。

しかし、もちろん『もり』『かけ』のつゆにはあまり入れようとは思いません。

サバ明太子

サバの塩焼きからは、実に結構な味が醸し出されました。

例によって、味を出しながら自分もスープの味を吸い込むので、具材としても大変に美味です。

辛子明太子もまた、同様の役割を十二分に果たしてくれました。

贅沢にも生食用の明太子を煮ましたので、鮮度も味も良いのです。

そばアップ

このそばは本来『お湯かけ麺』なのですが、前回「お湯かけ」で食したらボソボソ感を否めなかったので、今回は茹でてみました。

レシピの茹で時間が3分だったので、様子を見てそれより早く引き上げ、冷水で締めました。

温かいつゆに冷たいままの麺を入れたのですが、この季節ですからちょうど良い具合の温度になって食べやすかったです。

冷やしたおかげで麺も締まり、よく香るそばが伸びることなく、食べる者を楽しませてくれました。

価格は安くないのですが、創健社の製品は安心して食せます。

また使います。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。