≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


そうめんひやむぎ

セブンプレミアムの『そうめん&ひやむぎ』を使って『パクチーつけめん』を作ってみました。

セット

ミネラルウォーター300ccを沸騰させ、化学調味料無添加カツオダシ(スティック1本)、化学調味料無添加オイスターソース(小さじ2)、瀬戸内産天然塩(小さじ2)、国産白すりゴマ(大さじ1)、タイ産ココナッツミルクパウダー(大さじ1)を入れます。

次に、国産アジの塩焼き(小、半身の2分の1)、埼玉産小松菜(中、3枚)、刻みキクラゲ(5グラム)、ニラ(少々)、自家製塩メンマ(10本)、豊橋産ウズラの卵(2個)、岩手産ニンニク(1片)を投入して煮ます。

この間、随時味を見て、必要なら調味します。

アジ、ニラ、メンマ、ニンニクから出る味がスープの基盤となります。

ニンニクが煮えたら火を止めて器に移し、静岡産パクチーをたっぷり載せます。

そうめんは1分強、ひやむぎは2分強、別々のミネラルウォーターで茹で、ザルに取って冷水で締めます。

スープと麺を揃えて供します。

顔

真夏にパクチーはよく似合います。

その独特の香りが食欲を増進させます。

今回は、このパクチーの風味をいっそう引き立てる役割をココナッツミルクパウダーに担わせたのですが、大成功でした。

ココナッツミルクのまろやかさがパクチーの強烈な個性を包み込み溶かしてくれる、といった塩梅で、非常に美味でした。

麺もり

左側が『ひやむぎ』、右側の量が少ない方が『そうめん』です。

セブンプレミアムの『そうめん』『ひやむぎ』『うどん』『そば』は、北海道の藤原製麺によるものです。

『寒干しラーメン』や『白クマラーメン』で知られる会社です。

ですから、安心して初めて買ってみました。

メンマ

自家製塩メンマもこれで終了。

そこで、さっそく新しい塩漬けメンマを購入し、よく塩を洗い流して24時間水に浸けている最中です。

次も『塩メンマ』にしようかと思っています。

たまご

久しぶりにウズラの卵を煮てみました。

自分としては、やはり鶏卵より数倍好きです。

ひやむぎアップ

このひやむぎは、大変に滑らかで気持ちの良い喉越しと適度のコシが嬉しい一品です。

価格からすると極めて上等な麺だと思います。

そうめんアップ

そうめんも同様で、茹で方を誤らなければ水準以上の「麺食い」を楽しめます。

両方とも手延べではないので、『冷やし』で食した方が宜しいかもしれません。

ところで、セブンプレミアムのランクアップブランド『セブンゴールド』からは、『生麺に挑戦 金の麺 醤油』が出ています。

インスタントラーメン業界で激化する袋麺の「生麺バトル」に、セブンイレブンも参戦したのです。

金の麺

この麺もまたノンフライで、確かこれは『マルちゃん正麺』の東洋水産の製品だったと思います。

『正麺醤油』と食べ比べてみたいと思っています。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。