≪ 2017 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 08 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どんぶり

定番『播州産中太中華麺(ばんしゅうさんちゅうぶとちゅうかめん。乾麺)』を使って『サンマ味(さんまあじ)塩ラーメン』を作ってみました。

スープの作り方は以下の如しです。

ミネラルウォーター400ccを沸騰させ、化学調味料無添加カツオダシ(小袋1)、瀬戸内産天然塩(小さじ2)、化学調味料無添加オイスターソース(小さじ1)、化学調味料無添加XO醤(小さじ1)、おろしニンニク(小さじ1)、サンマの塩焼き(中1枚)、葉山産天然ヒジキ(5グラム)、葉山産天然ワカメ(中1茎)地元産ニンジン(小2分の1本)、三浦産青首ダイコン(厚さ2センチの輪切り1つ)を投入して煮ます。

ニンジンとダイコンは短冊切りにします。

ときどき味を見ながら、ニンジンとダイコンが透き通るまで煮込みます。

コクが足りないときは、ムロアジ&サバ節を適量加えます。

麺は、たっぷりのミネラルウォーターで5分間茹でます。

器で麺とスープを合わせ、自家製塩メンマ、千葉産有機栽培パクチー、チャーシューを載せれば出来上がりです。

れんげ

醤油を一滴も使っていませんので、これは『塩ラーメン』なのですが、ヒジキとニンジンから出た色と、オイスターソースとXO醤のおかげで、スープに黄土色が付きました。

顔

ダイコンが良い味をもたらしてくれました。

また、なんといってもサンマの塩焼きからとても深い味が染み出て、典型的な魚貝系スープとなりました。

『サンマ味塩ラーメン』と命名した所以(ゆえん)です。

魚というのは不思議なもので、生よりも乾かしたり焼いたりしたものの方が、良いダシを生むのです。

シイタケや昆布も同じです。

これらは「和」の食には欠かすことのできない素材ですね。

麺アップ

うちの常連『播州産中太中華麺』は、業務用ということもあって、作りが真にしっかりしています。

どっしりとした食感は、正に男性的。

ただ、少しでも茹で過ぎるとヌメリが出てしまうというデリケートな一面も併せ持っています。

そういう意味から言っても、「バリカタ」で食すのが相応しいかもしれません。

そのうちこれで『冷やしラーメン』を作ってみようかと思います。

食べ応え充分の『冷やし』になるでしょう。

播州(兵庫県西部)もまた素晴らしい「麺処(めんどころ)」なのです。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。