≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


佐賀

『マルタイ佐賀』を使って『カンタン牛塩つけめん』を作ってみました。

セット

作り方は極めてカンタン。

添付粉末スープを熱湯ミネラルウォーターで濃いめに溶き、国産白すりゴマとおろしニンニクを入れてよくかき混ぜます。

麺をミネラルウォーターで固めに茹でてザルに取り、冷水で締め、大田区産焼き海苔を敷いた器に盛ります。

あとは、数種類の具材を別皿に載せて供すれば、出来上がりです。

ワカメなど

具材は、お馴染み、岩手産天然ワカメ、チャーシュー、北海道産小ネギ、自家栽培の大葉、自家製塩メンマです。

麺もり

この麺は、九州ラーメンらしい、しっかりしたコシの細麺。

スープ

冷えたときに凝固するのを避けるため、添付された調味油を入れなかったスープは、あっさり系。

商品名は『牛塩ラーメン』ですが、スープの色は茶褐色です。

しかし、醤油系の味はあまり感じません。

白すりゴマとおろしニンニクのおかげでコクと香りが出ました。

もり麺アップ

先ずは、具材を加えずに「素(す)」でいただきます。

スープ麺

スープに麺をつけます。

スープ麺アップ

これぞ正(まさ)しく『素ラーメン』の旨さ。

ゴマとニンニクが相まって、シンプルですが如何にもラーメンらしい味です。

スープ具麺

次は、具材をふんだんに入れて食します。

スープ具麺アップ

数々の具と一緒に食べる麺こそは、つけめんの醍醐味。

贅沢な「食」を楽しめる瞬間です。

今回は、特に自家栽培の大葉がとても良い香りを添えてくれたのが嬉しかったです。

紫蘇の香りが加わると、料理の世界がパッと広がるような気がします。

友人からいただいたものをプランターで育てているのですが、成長著しく、ここのところ毎日のように食し、重宝しています。

スーパーで売られているものとは全く香りが違うことが驚きです。

ところで、小麦の風味も味わえるマルタイのノンフライストレート麺は流石です。

今度は、こういう麺を純和風の『つゆ』とワサビで食したくなってきました。

自家製麺つゆを作っておかなければいけません。

麺好きにとって、やはり夏は幸福な季節なのです。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。