≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


そうめん&そば

福島県須賀川市の名産『すか川そうめん』と『とろろそば』で、『合盛(あいも)りつけめん』を作ってみました。

セット

スープのベースは、化学調味料無添加チキンスープペーストとおろしショウガ。

化学調味料無添加XO醤と瀬戸内産天然塩で調味しました。

大粒ナメコを小松菜、自家製塩メンマと一緒に煮込み、ナメコは取り去ってそのとろみだけを生かしたスープにしました。

最後に、チャーシュー、静岡産小ネギ、カーネルコーン、千葉産有機栽培パクチー、豊橋産ウズラの卵をあしらいました。

顔

『つけめん』にはスープが熱いものと冷たいものがありますが、今回は冷ましてから麺と共に供しました。

チャーシュー

麺が『和麺』でも、こういうスープですからチャーシューがよく合います。

メンマ

メンマからも中華風の味が出て、良い感じです。

合盛り

『すか川そうめん』は極細ではなく、細うどんに近いのですが、抜群のツルミとコシが秀逸な一品。

『とろろそば』は、滑らかでありながらも、そばとしての風味もしっかりと堅持しています。

いうまでもなく、両者は別々に茹でました。

そうめんスープ

そうめんは非常に素直な麺なので、今回のような中華風スープにも瞬間的に順応します。

そうめんアップ

スープのとろみがそうめんによく絡んで、食べ応えがあります。

そばスープ

最初、そばとこのスープは合うかと多少気になりましたが、心配は無用でした。

そばアップ

特に、パクチーとそばが意外にピッタリといったことは発見でした。

実は、そばというのは洋風の料理にも適しているのです。

トマト味のパスタ風にしてもイケルし、チーズとも合うのではないかと思います。

あまり高級なそばをそのようにアレンジするのは、日本人としては気が引けますが、そこそこの品でしたらやってみても良いでしょう。

その際、そば本来の味と香りを出来るだけ生かす料理とすることが肝要です。

やってみましょう。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。