≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どんぶり

インスタント麺を使って『薬膳風モヤシラーメン』を作ってみました。

スープベースは、化学調味料無添加中華スープペースト。

今日もスープには、取っておいた飯能名産『竹笹そば』のそば湯を利用しました。

これからして既に健康的です。

具材は、埼玉産モヤシ、刻みキクラゲ、葉山産天然ヒジキ、牛肉、京都産九条ネギ、友人の自家製「とんぶり」の佃煮。

この「とんぶり」を入れることによって、全体の味が一気に『薬膳風』になるのです。

これらをスープで15分ほど煮ながら、瀬戸内産天然塩、化学調味料無添加XO醤&オイスターソースで調味します。

器で、硬めに茹でたインスタント麺と合わせ、自家製塩メンマをあしらえば、出来上がりです。

れんげ

醤油は一滴も加えていないのに、ヒジキ、キクラゲ、そして「とんぶり」のおかげで、スープは良い茶褐色になりました。

味もカラダに効く『薬膳風』に。

「とんぶり」はホウキギの実で、利尿、強壮の薬効が古くから知られ、永く生薬として用いられてきました。

小さくて黒い球形をしているので、「畑のキャビア」と称されます。

「過ぎたるは及ばざるが如し」とならないよう、適量を摂って体のためとしましょう。

顔

本日の一品は、緑色に欠けるため姿は地味ですが、健康には一役買えると思います。

「とんぶり」をくださった友人に感謝します。

具材

今日の具材には繊維質が豊富に含まれているので、これもまた体に良いのです。

メンマ

このたび新たに作った自家製メンマには、もともと付いていた塩味以外、何も加えませんでした。

つまり、塩漬けメンマから塩出ししただけのものです。

三日三晩水に浸け、よく洗ったので、理想的な味の『塩メンマ』となりました。

無論その間に水を吸って増大しますので、買ったときの1.5倍くらいになります。

見た目は立派ですが、素朴にして味わい深く、懐かしい味がします。

ビーフ

今回は、ほんのわずかですが、スープに牛肉の煮付けも入れてみました。

アクセントになって結構でした。

麺アップ

このインスタント麺は、どちらかというと中太の油揚げ麺です。

麺がほぐれたら程なくして火を止めました。

きちんと歯応えがあり、そのうえ喉越しも確かで、このくらいの茹で加減がちょうど良い感じです。

インスタント麺は食べたいが、添付スープの化学調味料の味は避けたいというときは、今日のようにします。

これからの季節、『冷やしラーメン』でも同様のことをやってみようと思っています。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。