≪ 2017 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 08 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


讃岐うどん

『讃岐ひやむぎ』で『わかめカレーめん』を作ってみました。

実は、レトルトのパスタ用クリームソースでポタージュのようなスープを作ったのですが、味がイマイチなので『S&Bスパイシーカレーパウダー』を加えたのです。

S&B

すると、これが良い出来で、久しぶりの旨いカレー味スープとなりました。

どんぶり

カレー味で煮込んだのは、茨城産小松菜、沼津産天然ワカメ、青森産有機栽培ニンニク、刻みキクラゲ、千葉産有機栽培パクチー、チキン&ポークソーセージ。

仕上げに、例によって、チャーシュー、自家製XO醤オイスターソースメンマをトッピングしました。

れんげ

クリームソースがベースとなっているからでしょう、今回のカレースープは大変にコクがあって、とてもしっかりした味わいです。

顔

どの具材もカレーと上手く付き合って、自身の中にカレー味を巧みに引き込んでいます。

ソーセージワカメ

ソーセージへの味染みは非常に結構で、わかめのあっさり加減と好対照を為して美味です。

ソーセージメンマ

一方、トッピングのメンマはカレーに負けず、自分を主張して独自色を強調しています。

皆がカレー味になびいている中で、カレーに負けていない味を楽しめるというのも、一種の「箸休め」的なアクセントとして嬉しいものです。

チャーシュー

それはチャーシューも同じ。

このチャーシューは少々甘めだけに、カレーとは真っ向勝負で面白いのです。

麺アップ

『ひやむぎ』をこのように温かくして食すということを珍しく思う向きもあるでしょうが、本来『ひやむぎ』は『細うどん』ですから、どんな風にして食べても構わないのです。

現に、寒い季節にはよく熱くして食します。

ですから、冬場に『ひやむぎ』がスーパーから殆ど姿を消すと困るのです。

そのため、最近では、まだたくさん売られているうちにたくさん買い込んでおくことにしています。

今回の『讃岐ひやむぎ』は、流石『讃岐』だけあって、機械打ちで激安価格だったのに「コシ」と「ツルミ」は言うこと無しです。

次は、正調『ひやむぎ』としていただこうか、と思います。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。