≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コムタンラーメン

韓国『コムタンラーメン』で『パクチー味ラーメン』を作ってみました。

解説

「コムタン」の「コム」は「コウム(煮出す)」が転訛(てんか)した言葉、「タン(湯)」は「スープ」のこと。

牛の肉やモツを煮込んだ料理を指すようです。

レシピ

通例どおり、パッケージのレシピには、麺とスープを一緒に煮なさいと書いてありますが、こちらはいつものやり方で、麺とスープを別調理しました。

どんぶり

北海道産天然日高昆布でダシを取り、化学調味料無添加カツオダシ&オイスターソース、瀬戸内産天然塩で調味した極薄スープに添付粉末スープを加えたところに、静岡産小松菜、地元産長ネギ、沼津産天然ワカメ、豊橋産ウズラの卵、青森産有機栽培ニンニク、そして、千葉産有機栽培パクチーを投入して煮ました。

水から漬けておいて沸騰直前に引き上げた昆布は、刻んで後からスープに入れ、具材としました。

れんげパクチー

パクチーからは、あの独特な香りがふんだんに出て、「大陸風味」のスープとなりました。

顔

トッピングは、シンプルに自家製XO醤オイスターソースメンマのみ。

ニンニク

いつものとおり、ニンニクがホクホクになって食欲を増進させてくれます。

麺アップ

ビーフベースの塩味スープに、昆布、オイスターソース、野菜、ワカメ、パクチーの旨味と香りが溶け合ってコクと深みのある味が出来上がりました。

そのスープとウズラの卵の半熟白身を絡め取った麺は、インスタントラーメンとしては申し分のない美味しさです。

この『コムタンラーメン』の麺は、韓国ラーメンとしてはそんなに太くないのですが、今回は茹で時間を極力短くして、レシピに「4分程」とあるところを3分弱しか茹でませんでした。

すると、微かに芯のようなものがあるかな、という出来で、好みにピッタリした麺になりました。

このぐらいだと、食べている間にちょうど良い硬さになって、最後まで安心して食すことができます。

端的に言うと、ここがインスタント麺を食べるときのキーポイントなのです。

油揚げ麺はノンフライ麺よりも湯戻りが早いので、ずいぶんと硬めに茹でておくことが肝要です。

麺をいただく楽しさを少しでもしっかりと味わいたいので、茹で方には細心の注意を払うのです。

たとえインスタントラーメンといえども、旨い物を食べるためには多少の手間を惜しんではいけないのです。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。