≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どんぶり

『明星究麺(きわめん)』の麺を使って『純和風ごま味ワンタンメン』を作ってみました。

スープは、化学調味料無添加カツオダシ、本醸造丸大豆醤油、瀬戸内産天然塩、おろした熊本産ショウガ、国産純正ごま油、国産すりごま(白)のみの純和風。

そのスープで、餃子の皮、茨城産小松菜、豊橋産ウズラの卵、葉山産天然ヒジキ、沼津産天然ワカメを煮て、硬めに茹でた麺と合わせ、自家製XO醤オイスターソースメンマ、刻んだ地元産長ネギ、チャーシューを載せました。

ワンタン

例によって、餃子の皮もまた硬めに煮ます。

スープに投入するタイミングが大切です。

ウズ小松菜

ウズラの卵は半熟状態、小松菜もグリーンの色が飛んでしまわないうちに火を止めます。

チャーシュー

チャーシューは大手ハム会社のものですが、まあまあの出来。

顔

今回は、すりごま&ごま油によってダブルで「ごま味」を出してみました。

「顔」はテカっていますが、味はごくごくアッサリとした『純和風』となりました。

自分で言うのもなんですが、どことなく、昔そば屋さんで食べた『中華そば』に似ているような気がします。

麺アップ

『究麺』の麺はノンフライ麺なので、油揚げ麺である『麺の力』のそれよりも生麺に近い風味があります。

しかし、茹で方を誤って柔らかくしてしまうと、インスタント麺の馬脚を現すと思います。

まだ芯があるか、というくらいのところで引き上げるのが良いでしょう。

ところで、最近ずいぶん長い間、普通のそば屋さんに入っていないのでわからないのですが、今もそば屋さんには『中華そば』があるのでしょうか。

以前は当たり前だったメニューが、そば屋さんからどんどん消えている印象があるので、気になります。

元来、『中華そば』という名前は、そば屋さんが、そば粉で打つ『そば(蕎麦)』と区別するために命名したものです。

その『そば(蕎麦)』を『日本そば』と言うようになったのも、『中華そば』に対応してのことです。

ですから、『中華そば』というものは、伝統的にそば屋さんこそのメニューなのです。

それが無くなりつつあるとしたら、なんとも残念で寂しいことです。

ふらりと入ったそば屋さんで素晴らしく美味しい『中華そば』に出会えることは、大げさに言えば、日本人としての無上の喜びです。

そういうそば屋さんを捜してみましょうか。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。