≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


沖縄そば

『明星沖縄そば』で『五目沖縄そば』を作ってみました。

どんぶり

先ず、化学調味料無添加カツオダシでスープベースを作り、同じく化学調味料無添加XO醤、瀬戸内産天然塩、おろしショウガ&ニンニクで極薄味に調えながら、具材を煮込みます。

今回の具材は、小松菜、ワカメ、ブロッコリ、ニンジン、ポテト、オクラ、キュウリ、ダイコン、レタス、長ネギ、そして、食べやすく切った豆腐ハンバーグ。

たくさんの野菜などを煮込んだ極薄スープに、添付粉末スープを加え、さらに調味したら、硬めに茹でた麺と合わせます。

自家製XO醤オイスターソースメンマ、チャーシューを載せて、出来上がりです。

添付されている七味唐辛子と共に、もちろん『こーれーぐす』をかけていただきます。

れんげ

野菜を中心とした具材の旨味がふんだんに出たところに、『沖縄そば』一流の「かつお昆布だし」が利いて、正に深々とした味のスープになりました。

顔

この麺は油揚げ麺なので、本物の沖縄そばとは違う「変種」と考えることにしています。

でも、一般の油揚げ中華麺とは明らかに異なる風味を持っていますから、『インスタント沖縄そば』という一つのジャンルを形成していると言えるでしょう。

ブロッコリ

このブロッコリは、友人の手になる有機栽培作品です。

市場に出ているものに比べると身が極めて細く、ちょっとブロッコリに見えませんが、食べてみると紛れもなくブロッコリの味がします。

しかも、煮るとすぐにものすごく柔らかくなってスープが染み渡るのです。

いただくたびに感謝しています。

麺アップ

夏に近付いてきたので、冷たい麺料理のことをよく考えるのですが、『沖縄そば』も『冷やし』や『もり』や『冷やしつけめん』にしてみると面白いのではないでしょうか。

現にあるのでしょうか。

『沖縄そば』は基本的にスープに油が入りませんから、『冷やし』を作りやすいと思います。

近々のうちにやってみます。

そのときは、インスタントではなく、乾麺か生(ゆで)の麺で。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。