≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おやまラーメン軒

『盛岡おやまラーメン軒』というものを見つけたので、これで正調『中華そば』を作ってみました。

解説

『盛岡ラーメン』は初めてなので、期待しながら作りました。

どんぶり

熱湯ミネラルウォーター600ccに添付液体スープを溶かし、電子レンジ(500ワット)で5分間加熱。

パッケージに、麺は「ゆで時間6分」とありましたが、別項目に指示されていたので、頃合いを見て5分弱で引き上げ、冷水で締めた後、再び湯通ししました。

れんげ

解説どおり、スープは濃厚豚骨しょうゆ味で、これもまたどこか懐かしい『支那そば』の風味です。

味は真にハッキリしており、北国の直線的かつ骨太のラーメンスープです。

顔

トッピングは極めてオーソドックスに、自家製XO醤オイスターソースメンマ、チャーシュー、大田区産焼き海苔、豊橋産ウズラの卵、刻んだ埼玉産長ネギのみ。

如何にも『中華そば』という姿になりました。

麺アップ

麺はノンフライのやや太めストレート。

芯が通っていて、クセがありません。

九州ラーメンよりも「和麺」に近い感じです。

盛岡といえば『冷麺』で知られていますが、最近では『盛岡ラーメン』も有名です。

調べてみると、盛岡市には219軒もラーメン店があるとか。

いくつかのお店のラーメンを写真で見てみると、しょうゆ味で、チャーシュー、刻みネギ、メンマ、焼き海苔などが載ったものが目につきました。

シンプルですね。

しかし、中には、極太メンマ載せ、チーズを溶かしながら食べる味噌ラーメン、乾麺を使ったラーメン、真っ白な豚骨しおラーメンなど、いろいろなヴァリエーションもあるようです。

盛岡では、今も震災と津波からの復興事業が続いています。

何もできませんが、また『盛岡ラーメン』を食します。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。