≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


生中華麺

定番・生中華麺で『キムチ味噌ラーメン』を作ってみました。

どんぶり

キムチは、韓国製の白菜キムチ、味噌は国産の化学調味料、保存料着色料無添加。

和風にしたかったので、スープは化学調味料無添加カツオダシでベースを作り、化学調味料無添加チキンスープペースト&XO醤、瀬戸内産天然塩、おろした熊本産ショウガ、おろしニンニクで調味しました。

顔2

煮込んだのは、茨城産小松菜、沼津産天然ワカメ、白菜キムチなど。

れんげ

風味豊かなピリ辛味噌スープが出来ました。

顔

トッピングは、切り落としチャーシュー、刻んだ地元産長ネギ。

キムチ

このキムチは化学調味料無添加なので、味も辛さも非常に自然です。

ワカメ

沼津産の天然ワカメは、大変にコシがあり、多少煮込んでも全く崩れないばかりか、磯の香り満点です。

チャーシュー

切り落としチャーシューは、いくぶんハムに近い味と食感で甘めです。

麺アップ

毎度のことながら、生中華麺は、やはり「生」です。

『正麺』や『ラ王』が売り上げを伸ばしたとはいえ、「生」は「生」です。

今日は『味噌』でしたが、この「生中華麺」で『醤油』や『塩』、または『塩バター』などを無性に食べたくなるのです。

銭湯の隣のそば屋さんで、子どもの頃に食べた『中華そば』。

商店街にあった小さな中華料理店の『ラーメン』。

今はもうない、あの町内に最初に出来た専門店で出会った『サッポロラーメン』。

生中華麺で一品作ろうと思うのは、これらが切ないほどに懐かしくなるときなのでしょう。

ラーメンとは、哀愁の食べ物なのかもしれません。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。