≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


塩らーめん

『サッポロ一番塩らーめん』で『シンプルもやしラーメン』を作ってみました。

ずいぶん久方ぶりに食べた『サッポロ一番しょうゆ』が、世の評判どおり昔と比べて違う味になっていたので、『塩らーめん』の方も確かめたくなって、食してみたのです。

『塩らーめん』もまた、食べるのは数年ぶりです。

どんぶり

添付粉末スープは400ccの熱湯ミネラルウォーターで溶き、電子レンジで5分間加熱しただけ。

味を確認するために、一切、手を加えませんでした。

トッピングも、シンプルに、茹でたモヤシ、キャベツ、刻みネギ、チャーシュー2枚、それに付いていた切り胡麻。

2分茹でた麺と合わせました。

れんげ

スープは、一口飲むと、基本的にはかつてと変わっていない風味です。

例によって、昔のように麺を茹でたお湯にスープを投入しておらず、従って油分が全くないので、ものすごくあっさりした味わいです。

そんな、和風とも言えるスープになりましたが、従来より野菜の風味が増しているような気がします。

また、動物系の味が殆ど感じられない、と思います。

サンヨー食品は、そういう点をいくぶん改良したのでしょうか。

いずれにせよ、非常に食べやすく、お腹にもたれないラーメンです。

顔

このラーメンは『長崎タンメン』の弟分に当たるわけですが、『長崎タンメン』の方がよりいっそうシンプルで、素朴な味です。

自分としては、『塩らーめん』が『長崎タンメン』と入れ替わりに発売された当初から、後者の方が好きでした。

それだけに、『長崎タンメン』の製造終了を惜しみ、その再発売を切望してきたのです。

今年、それが漸く実現したことは大きな喜びでした。

しかし、初回限定生産で、スーパーの店頭から徐々に姿を消しつつあるのは残念な限りです。

麺アップ

麺に関して言えば、『サッポロ一番塩らーめん』のそれは『サッポロ一番しょうゆ』のとは明らかに異なり、中太麺に近いものです。

『長崎タンメン』の麺は、どちらかというと幾分細めだったので、『塩らーめん』の麺を初めて食べたときは些か驚いたものです。

ちょっと太めの麺は、麺を食べる楽しさをよりいっそう味わうことができると思います。

『塩らーめん』の根強い人気の理由は、ひとつ、ここにもあるのかもしれません。

さて、次は『サッポロ一番みそラーメン』の味を、記憶と比べてみましょうか。

あれもよく食べました。

変わらず販売され続けているのは、真に嬉しいことです。

結果については、またお話しします。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。