≪ 2017 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


伊豆箱根の旅の帰りに見つけたのは、北海道ラーメンでした。

ひとつめは、『しろくまラーメン』のピンクヴァージョン。

通称『ピンクマラーメン』。

『しろくまラーメン』が塩味なのに対して、こちらは醤油味です。

ピンクマラーメン

『しろくまラーメン』もそうなのですが、パッケージには札幌円山動物園への応援コメントが書かれています。

応援

レシピは、『しろくまラーメン』と色違いのデザインで、やはりかわいいクマがラーメンを作って食べているイラストが描かれています。

レシピ

このイラストを見ているだけで、早くラーメンを食べたくなってきます。

レシピ1

ノンフライ麺を使っているので、茹で時間が多少長いのですが、そこは個人の好みで調節します。

レシピ2

もちろん、当方は麺とスープは別々に調理します。

レシピ3

北海道ラーメンですから、トッピングとしては、コーン、バター、モヤシなどが合いそうです。

次は『旭川 青葉 しょうゆ味』

青葉

創業当時の写真が歴史を感じさせます。

豚骨鶏ガラと鰹節、煮干、昆布を取り合わせているスープは、今では珍しくありませんが開店当時は画期的な味だと賞賛されたでしょう。

この『青葉』は、ひょっとすると「豚骨鶏ガラしょうゆラーメン」の先駆的なお店かもしれません。

青葉由来

おしまいは『札幌 月見軒 味噌味』。

月見軒

割烹店の店主が精魂込めて作ったラーメンというところが、大いに期待させます。

月見軒由来

味噌ラーメンを考案したのは、ススキノの違うお店だったと思いますが、この『月見軒』のこれもまた美味しそうです。

思い出すと、生まれて初めて味噌ラーメンなるものをお店で食べたのは、小学校の3年か4年の頃、近所に新しく開店したラーメン屋さんで、でした。

このお店は『サッポロラーメン』を「売り」にして出来たのですが、何を隠そう、このときまで『サッポロラーメン』というものを食べたことがなかったばかりか、その名前すら知りませんでした。

むろん『サッポロ一番』はよく買って食べていましたが、その「サッポロ」が『サッポロラーメン』から来ていたものだとはつゆ知らず、だったのです。

また、あの時点では、『サッポロ一番みそラーメン』はまだ発売されていませんでした。

ですから、そのお店で味噌ラーメンを食したときの衝撃たるや、それは大げさでなく人生初のカルチャーショックでした。

油と動物系のダシが味噌と溶け合った濃厚なスープに、太くて噛み応え充分の真っ黄色な麺がドーンと浸かっており、その上には殆ど生かと思われるてんこ盛りのモヤシ、刻みネギ、メンマ、コーン、チャーシュー。

こんなラーメンは空前是後でした。

さあ、『月見軒』の味噌ラーメンは、あのときの記憶を味覚の底から蘇らせてくれるでしょうか。

それとも、記憶を超えるでしょうか。

超えてほしいと期待しながら、食す日を迎えたいと思います。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。