≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サッポロ一番5

「味が変わった。」という噂を知った『サッポロ一番しょうゆ味』を、数年ぶりに食べてみました。

サッポロ一番1

子どもの頃から、本当によく食べました。

友だちもみんな好きで、澄ました顔で一度に二人前を完食する同級生もいました。

「こうすると美味い。」と言って、『サッポロ一番』と『明星チャルメラ』を混ぜて作って一気に平らげる猛者(もさ)もいました。

どんぶり

味を確かめるのが主目的ですから、具材は茨城産小松菜のみとし、出来上がりに千葉産有機栽培パクチーとカーネルコーンをあしらいました。

顔

例によって、400cc弱の熱湯ミネラルウォーターで添付粉末スープを溶き、小松菜を加えて電子レンジ(500ワット)で3分間加熱。

その間に、麺を沸騰したミネラルウォーターで茹でます。

麺の茹で時間は、2分30秒としました。

麺とスープを合わせ、パクチーとコーンをトッピングしたら、添付スパイスを振りかけて出来上がり。

れんげ

さて、味の方ですが、噂どおりでした。

記憶しているスープとは味が明らかに違いました。

昔は、パッケージにあるレシピに従って、麺をゆでたところへ粉末スープを投入していましたから、言うまでもなくスープそのものにもっと油が多かったのですが、しかし、根本的に味が変わっていると思います。

でも、それは良い意味で、です。

つまり、昔の味が一段も二段も洗練された、という感じなのです。

本物のラーメンに近くなった、と言えば良いでしょうか。

記憶に残っている『サッポロ一番』は、もっとジャンキーな、如何にも化学調味料が幅を利かせた、独特の風味を持っていたような気がします。

それが殆どなくなっているように思えます。

スープがとても素直で、優しい感触です。

もしこれが昔の『サッポロ一番』だったら、世の大人たちは「使われている油が体に悪いから、インスタントラーメンなんか食べちゃいけない。」などとは決して言わなかったはずです。

このスープの変わり方は大きな進化だと言えるでしょう。

麺アップ

麺の方も、ずいぶんと美味しくなったと思います。

もともと『サッポロ一番しょうゆ味』の麺にはツルミがあったのですが、硬めに茹でてもそれが感じられます。

かつての麺は硬めだとボソボソ感が否めなかったものです。

また、パッケージにあるように、「香ばしさ」がしっかりと伝わって来ました。

食欲を増進させる、心地良い小麦の香りです。

これも素晴らしい進歩だと思います。

『サッポロ一番しょうゆ味』は大きく発展していたのですね。

これからも、楽しみながらいただこうと思います。

ところで、そうなると、『サッポロ一番』三兄弟の弟二人、『サッポロ一番みそラーメン』と『サッポロ一番塩らーめん』も味が進化しているのでしょうか。

食してみます。

スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。