≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2麺

以前からやってみたかった、『日清ラ王 まるで、生麺。醤油』と『本物生麺』を食べ比べてみました。

セット

『ラ王』の液体スープを400ccのミネラルウォーターに入れて火にかけ、瀬戸内産天然塩、おろしニンニク、化学調味料無添加オイスターソースで調味。

そこに、茨城産小松菜、千葉産有機栽培パクチー、自家製XO醤メンマ、キクラゲ、レッドピーマン、千切りキャベツ、そして、隠し味になんとマカロニサラダ(マヨネーズ和え)を投入して煮ます。

『ラ王』の麺を3分ちょっと茹でてスープと合わせ、埼玉産ネギを刻んで散らし、豊橋産ウズラの卵を載せます。

こちらが、『ラ王』 の『ラーメン』。

一方、『生麺』を2分茹で、ザルに取って冷水で締め、皿に盛って供します。

これは『つけめん』。

つまり、ラーメンを食しつつ、別の麺をそのスープにつけて『つけめん』でいただく、という趣向です。

麺好きとしては、我ながら、ほんのちょっと贅沢ですね。

れんげ

マヨネーズ和えマカロニサラダが効いて、醤油味スープが俄然こってり濃厚系になりました。

以前にもお話ししましたが、マヨネーズというものには、醤油味をとんこつ醤油味によく似た味に変える働きがあるのです。

あまり入れ過ぎると訳のわからない代物になってしまいますので、さじ加減が重要です。

ご興味がおありの向きは、お試しください。

顔

今回は、ウズラの卵と刻みネギ以外はスープで煮ましたので、具材の旨味が出て非常にハッキリしっかりしたお味のスープが出来ました。

ラ王アップ

『ラ王』自慢の麺も、そのスープに応えるかのように存在感を示してくれました。

インスタント離れしたコシ、ツルミ、小麦の風味が、濃厚スープを一体化して、美味しくいただけました。

生麺もり

片や、『生麺』の方は、『ラ王』に比べるとずいぶんと縮れています。

生麺アップ

感触も、『ラ王』より弾力に富んでいるようです。

生麺スープ

おもむろに、スープに入れると、なんとも似つかわしい姿になりました。

生麺箸アップ

さて、食べてみると、先ず、香りが違います。

中華麺特有の香りが断然強いのです。

そして、一番の相違がコシ。

生麺のコシは強烈で、歯応えが圧倒的でした。

それぞれを別々に、日をおいて食べていると殆ど気付かないのに、このように両方を同時に食べてみると、二つの麺が全く違っていることが明確にわかりました。

『ラ王』が『本物生麺』に負けていると言っているのではありません。

寧ろ、その逆です。

インスタントが、よくぞここまで来た、と賞賛したいです。

生麺の美味しさとインスタント麺の進歩を再認識した「食べ比べ」でした。
スポンサーサイト


【】
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
【ありがとうございました】
☆履歴書の例文さんへ☆
コメントをいただき、ありがとうございます。
これからも自分の関心事を確かめていこうと思っています。
またお越しください。
この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。