≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


究麺パック

明星『究麺 醤油』を食べてみました。

究麺袋

麺の茹で時間は4分とパッケージに書いてありましたが、様子を見て3分で火を止めました。

どんぶり

液体スープは、友人の手になる有機栽培ブロッコリーと茨城産小松菜を茹でた熱湯で溶きました。

トッピングは、それらの野菜と自家製XO醤メンマ、刻みネギ、大田区産焼き海苔。

れんげ

スープは結構な『中華そば』的お味で、くどくなく、正統派の「醤油味」。

顔

如何にも美味しそうなラーメンの顔が出来上がりました。

麺スープ

スープに浸る中華麺は、ストレートに近い「ほんのちょい太麺」。

どんぶり麺アップ

満を持して麺をいただきますと、これが謳(うた)い文句どおりの「生めん級」。

しっかりしたコシ、小麦の風味、ツルミの良さ、滑らかさ、共に、殆どインスタントとは思えない出来です。

麺アップ

明星食品、やりましたね。

これは、マルちゃん『正麺』、日清『ラ王・まるで、生めん。』に勝るとも劣らない一品だと思います。

ここまでの製品が出揃うと、『サッポロ一番 麺の力』は油揚げ麺なので、今一歩ひけを取るかなという印象です。

たとえ些少(さしょう)でも、揚げ油の匂いが気になってしまうからです。

インスタントラーメン業界の「生麺みたい」バトルにおいては、これから暑くなってくるのに合わせて、『冷やしラーメン』『涼麺』『冷やし中華』などのヴァリエーションが増えていくのではないか、と予想しているのですが、どうでしょうか。

以前にもお話ししたとおり、自分は『冷やし中華』よりも断然『冷やしラーメン』の方に肩入れをしているので、その方向で期待しています。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。