≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


究麺ふたつ

驚きました。

明星『究麺』が袋麺になっているではありませんか。

インスタントラーメン業界の「生麺みたい」バトルに、遂に明星食品が参入ですね。

先ず『醤油』と『味噌』がデビューしましたが、これは期待大です。

究麺醤油

メーカーの『醤油』についての宣伝文句は・・・。

「つるみがありなめらかな生めんのような食感で小麦の風味を感じるめんと、醤油だれにごま油とガーリックオイルで特長を出したスープは、『このうまさ、生めん級。』の醤油ラーメンです。」

究麺味噌

『味噌』の方は・・・。

「もちもちとした生めんのような食感で小麦の風味を感じるめんと、ガーリックを効かせた味噌に、ジンジャーで特長を出したスープは、『このうまさ、生めん級。』の味噌ラーメンです。」

売り物の麺について、『醤油』は「つるみがありながら生めんのような食感で小麦の風味を感じるめん」、『味噌』は「もちもちとした生めんのような食感で小麦の風味を感じるめん」となっていますので、これは、ひょっとすると『醤油』と『味噌』で麺の種類が違うのでしょうか。

明星食品は『チャルメラ』でもスープによって麺を変えていますから、麺にこだわる『究麺』ともなれば、それをやって当然かもしれません。

両方ともスープにも凝ったようなので、食してみるのが実に楽しみです。

キャッチは「このうまさ、生めん級」と来ましたか。

さっそく購入したいと思います。

マルちゃん『正麺』、日清『ラ王・まるで、生めん。』、『サッポロ一番 麺の力』がしのぎを削る「戦場」で明星『究麺』がどんな戦いぶりを見せるか、面白くなってきました。


スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。