≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パッケージ

タイラーメン『グリーンカレーラーメン』の麺と、韓国ラーメン『コムタンラーメン』のスープ&かやくを合わせて、『コラボ・コムタンラーメン』を作ってみました。

チョー手抜き調理で、またもや電子レンジの世話になりました。

どんぶり

器にタイラーメンの麺と大きめに切った神奈川産キャベツを入れ、パッケージに書いてあるお湯かけ調理時の規定量分の熱湯を注ぎます。

これを電子レンジ(500ワット)で7分間加熱します。

加熱が終わったら、コムタンラーメンのスープを入れてよく混ぜ、かやく、豊橋産ウズラの卵、アメリカ産カーネルコーン、大田区産焼き海苔、おろしニンニクを添えれば出来上がりです。

れんげ

スープの味が薄いときは、瀬戸内産天然塩、化学調味料無添加チキンスープペーストを加えます。

コムタンスープはあっさりしながらも深みのある塩味スープで、キャベツによく合います。

これが普通の塩味ならばバターやゴマ油などを入れても美味なのですが、コムタン味を損なわないために、敢えてそういう加味はしない方が良いでしょう。

顔

『コムタンラーメン』のかやくがもうひとつあったので、ふたつ載せたらずいぶん多くなりました。

かやくは「乾燥ネギ」でした。

コムタンスープにはネギが合うと韓国では考えられている、ということでしょうか。

麺アップ

タイラーメンの麺は、茹でるより電子レンジ調理の方が美味しいかもしれません。

一方、熱湯をかけただけでは戻りが悪く、ボソボソ感を否めません。

タイラーメンには電子レンジ。

これは、最近発見した便利な新事実です。

ただ、この調理法ですと麺の茹で汁にスープを入れて一緒に食すことになってしまいます。

今日も実際にそうしたのですが、殆ど違和感はないものの、やはり茹で汁をいただくのは避けたいと思うときは、スープは別に作り、電子レンジで加熱した麺をザルに取って合わせることになるでしょう。

これだと電子レンジで調理する簡便性が半分失われることになりますが、自分の志向のためです。

致し方のないことです。

次はそうしてみます。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。