≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


讃岐うどん1

『讃岐うどん』(乾麺)で『グリーンカレーつけうどん』を作ってみました。

セット

化学調味料無添加カツオダシを溶かし、北海道産日高昆布でダシを取ったスープに、タイ産グリーンカレースープ(粉末)、タイ産ココナッツミルクパウダー、瀬戸内産天然塩、おろしニンニク、化学調味料無添加オイスターソースを加え、千葉産有機栽培パクチー、神奈川産小松菜、富山産白エビ、国産切り干しダイコン、葉山産天然ヒジキ、自家製XO醤メンマを投入して煮ました。

グリーンカレー

今日は、日高昆布を刻まず、大きい形のまま入れ、さらにスープで煮込んで具材としました。

また、味をあっさりさせるために、ナンプラーは敢えて加えませんでした。

讃岐うどん裏

この『讃岐うどん』の茹で時間は、パッケージに「13分」と書いてありましたが、12分経過したところで好みに合う硬さだったので火を止めました。

讃岐うどん裏アップ

ザルに取り、冷水で充分にもみ洗いをしましたら、非常に結構な冷やしうどんとなりました。

讃岐うどん

こうして、久方ぶりに冷たいうどんを口にするとき、『つけうどん』『もりうどん』を食したくなる季節になったのだ、ということを実感します。

うどんアップ

しかし、普通の『もり』や『ざる』ではなく、『グリーンカレーつけうどん』とするところは、一般の方々とは大いに違った志向でしょうか。

うどんスープ

グリーンカレースープも冷ましてありますので、今日のうどんは、少し気の早い夏の食となりました。

うどんスープアップ

タイカレーも少しアレンジすれば日本のうどんとピッタリいくのです。

香川県が誇る我が国の麺王は、正に「なんでも来い」の余裕と風格ですね。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。