≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どんぶり

播州産中太中華麺(乾麺)で『五目ラーメン』を作ってみました。

『五目』といっても、ラーメン店のそれのように伊達巻やむきエビが入ったりはしていません。

ふだん個別に使う具材をいっぺんに入れたので、そう呼ぶことにしたのです。

れんげ

スープは、化学調味料無添加カツオダシ&XO醤、アジアンスープベースの塩味系。

XO醤を多めに入れたので、ブランデー、干し貝柱、干し海老の味と香りが効いて少し高級感のあるスープになりました。

因に、XO醤にはブランデーが入っているものと入っていないものがありますが、うちで使っているのはブランデー入りのものです。

キクラゲ麺

具材の顔ぶれは、キクラゲ、鯵、切り干しダイコン、葉山産天然ヒジキ、三浦ダイコン、茨城産小松菜、浜松産ウズラの卵、自家製塩メンマ、富山産白海老、プチトマト、竹輪麩、ニンジン。

どれもこれもスープに滋味を与えてくれました。

メンマ

自家製塩メンマはこれで終了。

塩漬けメンマを買ってあるので、新しいのを作らなければなりません。

今度は再び「醤油味」にしましょうか。

白海老

具材の中でも、白海老は最も良い味を出してくれました。

白海老は、自分から味を提供する一方で、スープの旨味を吸い込んでくれるので、このようにして食すと真に美味です。

ウズアップ

ウズラの卵は3個を投入して煮込みました。

周囲の具材に白身を及ばせながら、程良く固まりました。

キクラゲアップ

キクラゲの歯応えと風味が嬉しいですね。

これは「乾燥」なので、スープにそのまま入れて煮るのですが、次回は「生」のキクラゲを買ってみようと思います。

確か、地元のスーパーにありました。

そこには、逆に「乾燥」は置いてありませんでした。

「生」は、さらに美味しいことでしょう。

麺アップ

播州産の中太中華麺は、毎度のことながら圧倒的な存在感。

ただし、うっかりして茹で時間を少しでも長くしてしまうと、途端に風味が落ちます。

この麺は、こまめに硬さを確認しながら茹でなければいけません。

具材たっぷりのスープと闘っても一歩もひけを取らない、播州産の中太中華麺。

今日も美味しくいただきました。

播州のみなさん、ありがとうございます。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。