≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


セット

『明星クイックワン』を3種類とも買って来ました。

そして、さっそく『ブイヤベース』をいただいてみました。

全体的に量が少なく、ラーメンというより「ヌードル入りスープ」という感じなので、なんと『もりそば』と共に食すこととしました。

セットオープン

そばは三重県産の乾麺。

つゆは自家製です。

『クイックワン』には、そのそばを茹でた「そば湯」を注ぎました。

顔

流石『ブイヤベース』、具材にはきちんと海鮮ものがたくさん入っていました。

スープは白っぽい濁り系です。

ブイヤベースのスープというと澄んだコンソメ色をイメージしていたので、ちょっと意外でした。

そう、ひょっとすると味はチャンポンに近いかもしれません。

麺アップ

麺はスチームノンフライの平麺風。

1分間の戻し時間でも硬くなく柔らかくなく、寧ろどちらかといえば、しっかりとした麺になりました。

九条ネギ

京都産の九条ネギをあしらってみました。

麺ネギアップ

すると、これがよく合うではありませんか。

『ブイヤベース』といいながらも、そこは『チャルメラ』の明星食品、「和」の味わいをさりげなく溶け込ませてくれているのです。

九条ネギが入ることで、全体の風味が格段にアップしました。

残ったスープに、そばをつけてみました。

これはこれで悪くないものだと思いましたが、やはりそばは自家製つゆとの相性の方が良かったようです。

うどんやそうめん、ひやむぎなら、ピッタリいくでしょう。

試してみましょう。

いずれにせよ、『クイックワン』は想像していたより美味なる一品でした。

1分クッキング麺の技術は飛躍的に進歩したのです。

開発者の方々に敬意を表し、感謝したいと思います。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。